日別アーカイブ: 2019年8月24日

第104回薬剤師国歌試験 問175

第104回薬剤師国歌試験 問175

コーティングを施した固形製剤の溶出性を調べたところ、下図の結果が得られた。この薬物溶出を示す製剤として最も適切なのはどれか。1つ選べ。ただし、薬物の溶解度は試験液のpHに依存せず、薬物と添加剤の相互作用はないものとする。

 

 

 

 

 

 

 

 


解答
3


解説
設問の図よりpH1.2、pH6.0の試験液では薬物は溶出せず、pH7.0の試験液で薬物が溶出していることを確認することができる。このことから、本製剤は、腸溶性製剤であると考えられる。選択肢のうち、腸溶性製剤は、メタクリル酸コポリマーSでコーティングされている選択肢3の製剤である。なお、選択肢1、2、5の製剤は即放性部分があるため、pH1.2、pH6.0の試験液で薬物が溶出する。また、選択肢4の製剤はヒプロメロースにより胃溶性コーティングされているため、pH1.2、pH6.0の試験液で薬物が溶出する。