日別アーカイブ: 2019年8月20日

第104回薬剤師国家試験 問165

第104回薬剤師国家試験 問165

ある薬物のアルブミンに対する結合定数を、平衡透析法を用いて測定した。半透膜で隔てた2つの透析セルの一方に0.6 mmol/Lのアルブミン溶液を加え、他方には0.6 mmol/Lの薬物溶液を同容積加えた。平衡状態に達したとき、アルブミン溶液中の薬物濃度は0.4 mmol/L、他方の薬物濃度は0.2 mmol/Lであった。薬物の結合定数K(L/mmol)に最も近い値はどれか。1つ選べ。ただし、アルブミン1分子当たりの薬物の結合部位数を1とし、薬物及びアルブミンは容器や膜に吸着しないものとする。

1 2.5
2 3.3
3 5.0
4 6.6
5 10

 

 

 

 

 

 


解答
1


解説
 アルブミンと薬物が1:1で結合する場合、結合定数Kは以下の式より求めることができる。よって、平衡透析法により、[Df]:遊離型薬物濃度、[DP]:結合型薬物濃度、[Pf]:遊離型アルブミン濃度を求めることができれば、その結果より、結合定数Kを求めることが可能となる。

平衡到達後、両セルの遊離型薬物濃度は等しくなるため、両セルの遊離薬物濃度は0.2 mmol/Lとなる。また、薬物の全濃度は0.6 mmol/Lであるため、結合型薬物濃度は薬物の全濃度と遊離型薬物濃度の差である0.2 mmol/L(0.6 mmol/L-0.2 mmol-0.2 mmol)となる。
アルブミン1分子に対して薬物が1分子結合することから、結合型タンパク質濃度は結合型薬物濃度と等しくなる。そのため、遊離型のアルブミン質は、0.6 mmol(全アルブミン濃度)-0.2 mmol/L=0.4 mmol/Lとなる。
これらのことからこの薬物の結合定数Kは以下のように求めることができる。

ジプレキサ(オランザピン)

名称

商品名:ジプレキサ
一般名:オランザピン


剤形、規格

錠:2.5mg、5 mg、10 mg
ザイディス錠:2.5mg、5 mg、10 mg
細粒:1%
筋注用:10 mg


構造


薬効分類

抗精神病薬、双極性障害治療薬、制吐薬
多元受容体作用抗精神病薬


薬効薬理・作用機序

オランザピンは、ドパミンD2受容体、セロトニン5−HT2A、2B、2C受容体、アドレナリンα1及びヒスタミンH1受容体に対して高い親和性を示すとともにドパミンD1受容体やセロトニン5−HT3受容体、ムスカリン受容体に対して低い親和性を示す。 オランザピンはこれらの受容体に対して拮抗薬として働き、統合失調症の陽性症状、陰性症状、双極性障害による、躁症状、うつ症状に対して効果を示すとともに錐体外路症状の軽減をもたらす。

オランザピンの主な作用
・陽性症状の改善
ドパミンD2受容体遮断
・陰性症状の改善
セロトニン5−HT2受容体遮断
・制吐作用
ドパミンD2受容体遮断
・双極性障害によるうつ症状の改善
セロトニン5−HT2A受容体遮断、ノルアドレナリン、ドパミン遊離促進
・双極性障害による躁症状の改善
ドパミンD2受容体拮抗(多くの受容体に対する遮断作用も関与している可能性あり)

適応症、服用方法、使用方法

<錠、ザイディス錠、細粒>
・統合失調症
通常、成人にはオランザピンとして5〜10mgを1日1回経口投与により開始する。維持量として1日1回10mg経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。ただし、1日量は20mgを超えないこと。

・双極性障害における躁症状の改善
通常、成人にはオランザピンとして10mgを1日1回経口投与により開始する。なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日量は20mgを超えないこと。

・双極性障害におけるうつ症状の改善
通常、成人にはオランザピンとして5mgを1日1回経口投与により開始し、その後1日1回10mgに増量する。なお、いずれも就寝前に投与することとし、年齢、症状に応じ適宜増減するが、1日量は20mgを超えないこと。

・抗悪性腫瘍剤(シスプラチン等)投与に伴う消化器症状(悪心、嘔吐)
他の制吐剤との併用において、通常、成人にはオランザピンとして5mgを1日1回経口投与する。なお、患者の状態により適宜増量するが、1日量は10mgを超えないこと。

<筋注用>
・統合失調症における精神運動興奮
通常、成人にはオランザピンとして1回10mgを筋肉内注射する。
効果不十分な場合には、1回10mgまでを追加投与できるが、前回の投与から2時間以上あけること。また、投与回数は、追加投与を含め1日2回までとすること。
年齢、症状に応じて減量を考慮すること。


警告

錠、ザイディス錠、細粒
1.著しい血糖値の上昇から、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡等の重大な副作用が発現し、死亡に至る場合があるので、本剤投与中は、血糖値の測定等の観察を十分に行うこと。

2.投与にあたっては、あらかじめ上記副作用が発現する場合があることを、患者及びその家族に十分に説明し、口渇、多飲、多尿、頻尿等の異常に注意し、このような症状があらわれた場合には、直ちに投与を中断し、医師の診察を受けるよう、指導すること。

筋注用
1.著しい血糖値の上昇から、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡等の重大な副作用が発現し、死亡に至る場合があるので、投与前に血糖値の測定等を行い、糖尿病又はその既往のある患者あるいはその危険因子を有する患者には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合以外は投与しないこと。また、投与前に血糖値の測定等が困難な場合には、投与後に血糖値をモニタリングするなど観察を十分に行うこと。

2.投与にあたっては、あらかじめ上記副作用が発現する場合があることを、患者及びその家族に十分に説明し、口渇、多飲、多尿、頻尿等の異常に注意し、このような症状があらわれた場合には、直ちに投与を中断し、医師の診察を受けるよう、指導すること。


使用できない場合(禁忌)

錠、ザイディス錠、細粒:1〜5
筋注用:1〜4

1.昏睡状態の患者
[昏睡状態を悪化させるおそれがある。]

2.バルビツール酸誘導体等の中枢神経抑制剤の強い影響下にある患者
[中枢神経抑制作用が増強される。]

3.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

4.アドレナリンを投与中の患者(アドレナリンをアナフィラキシーの救急治療に使用する場合を除く)

5.糖尿病の患者、糖尿病の既往歴のある患者


副作用

<主な副作用>
体重増加、傾眠、不眠、便秘、アカシジア、食欲亢進、トリグリセリド増加、口渇、鎮静 など

<重大な副作用>
1.高血糖、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡
2.低血糖
3.悪性症候群(Syndrome malin)
4.肝機能障害、黄疸
5.痙攣
6.遅発性ジスキネジア
7.横紋筋融解症
8.麻痺性イレウス
9.無顆粒球症、白血球減少
10.肺塞栓症、深部静脈血栓症
11.薬剤性過敏症症候群


体内動態

本剤の代謝には肝薬物代謝酵素CYP1A2が関与している。
また、CYP2D6も関与していると考えられている。


飲み合わせ(相互作用)

<併用禁忌>
・アドレナリン
(アナフィラキシーの救急治療に使用する場合を除く)
臨床症状・措置方法
アドレナリンの作用を逆転させ、重篤な血圧降下を起こすことがある。
機序・危険因子
アドレナリンはアドレナリン作動性α、β受容体の刺激剤であり、本剤のα受容体遮断作用によりβ受容体刺激作用が優位となり、血圧降下作用が増強される。

<併用注意>
※錠、ザイディス錠、細粒:2〜10
※筋注用:1〜10
1非経口ベンゾジアゼピン製剤
(フルニトラゼパム、ジアゼパム、ミダゾラム等)
臨床症状・措置方法
過鎮静や心肺機能抑制を来すおそれがあるので、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合以外は併用しないこと。やむを得ず併用する場合には、本剤の投与と十分な間隔をあけ、患者の状態を十分に観察すること。
機序・危険因子
本剤及びこれらの薬剤は中枢神経抑制作用を有する。

2中枢神経抑制剤
(バルビツール酸誘導体等)
臨床症状・措置方法
中枢神経抑制作用があるので、減量するなど注意すること。
機序・危険因子
本剤及びこれらの薬剤は中枢神経抑制作用を有する。

3アルコール
臨床症状・措置方法
相互に作用を増強することがある。
機序・危険因子
アルコールは中枢神経抑制作用を有する。

4抗コリン作用を有する薬剤
(抗コリン性抗パーキンソン剤、フェノチアジン系化合物、三環系抗うつ剤等)
臨床症状・措置方法
腸管麻痺等の重篤な抗コリン性の毒性が強くあらわれることがある。
機序・危険因子
本剤及びこれらの薬剤は抗コリン作用を有する。

5ドパミン作動薬
(レボドパ製剤)
臨床症状・措置方法
これらの薬剤のドパミン作動性の作用が減弱することがある。
機序・危険因子
ドパミン作動性神経において、本剤がこれらの薬剤の作用に拮抗することによる。

6フルボキサミン
臨床症状・措置方法
本剤の血漿中濃度を増加させるので、本剤を減量するなど注意すること。
機序・危険因子
これらの薬剤は肝薬物代謝酵素(CYP1A2)阻害作用を有するため本剤のクリアランスを低下させる。

7シプロフロキサシン塩酸塩
臨床症状・措置方法
本剤の血漿中濃度を増加させる可能性がある。
機序・危険因子
これらの薬剤は肝薬物代謝酵素(CYP1A2)阻害作用を有するため本剤のクリアランスを低下させる。

8カルバマゼピン
臨床症状・措置方法
本剤の血漿中濃度を低下させる。
機序・危険因子
これらの薬剤は肝薬物代謝酵素(CYP1A2)を誘導するため本剤のクリアランスを増加させる。

9オメプラゾール、リファンピシン
臨床症状・措置方法
本剤の血漿中濃度を低下させる可能性がある。
機序・危険因子
これらの薬剤は肝薬物代謝酵素(CYP1A2)を誘導するため本剤のクリアランスを増加させる。

10喫煙
臨床症状・措置方法
本剤の血漿中濃度を低下させる。
機序・危険因子
喫煙は肝薬物代謝酵素(CYP1A2)を誘導するため本剤のクリアランスを増加させる。


(注意事項)
作成日時の時点における医薬品情報を使用して作成しております。
医薬品を使用する前には、必ず最新の添付文書を確認するようにしてください。