第104回薬剤師国家試験 問298〜299

第104回薬剤師国家試験 問298〜299 23歳女性。20歳前後から強い頭痛と随伴症状のため大学を休みがちになったことから近医を受診しており、処方1及び処方2の薬剤が処方されていた。 薬局を訪れた患者は次のように薬剤師に話した。 「社会人になってからは仕事が忙しく、生活が不規則です。最近、頭痛の回数が多くなって、薬が足りなくなることがよくあります。仕事の都合上、発作が起こると困るときには、予防のため発作時の薬(処方1)を服用しています。今回、新しい薬(処方3)が追加されました。」 問298(病態・薬物治療) 本症例に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。 1 随伴症状には悪心・嘔吐、光・音過敏がある。 2 発作時に痛みを和らげるには、入浴や軽い運動などが有効である。 3 処方1の薬剤を頻回使用すると、乱用頭痛を起こすおそれがある。 4 処方3の薬剤の代わりにエルゴタミンを用いることができる。 5 処方3は急性期の発作を抑えるために追加された。             問299(実務) 患者の薬物治療の経過をSOAP形式で薬剤服用歴管理記録簿に記載した。(S)、(O)、(A)、(P)の項目と対応する内容の組合せとして、正しいのはどれか。2つ選べ。 1 S:処方2の用法・用量の変更は必要ないと判断した。 2 O:最近になって頭痛の回数が多くなった。 3 O:仕事の都合上、発作が起こると困るときには、予防のため発作時の薬を服用するようにしている。 4 A:処方1の薬剤の服用タイミングを正しく理解しておらず、再指導が必要と判断した。 5 P:次回来局時に、処方1の薬剤を予防的には使用していないことを確認する。       → Read More

反応速度と温度の関係

反応速度と温度の関係 1 アレニウス式 多くの反応において、反応速度定数は温度の影響を受けて変化することから、反応速度は温度の影響を受けて変化する。 反応速度定数kと温度Tの関係については、アレニウス式が成立する。 Aは頻度因子、Eaは活性化エネルギー、Rは気体定数であり、頻度因子、活性化エネルギーはアレニウスパラメーターとよばれ、温度に依存しない定数である。 アレニウス式より、頻度因子と活性化エネルギーから、ある温度における反応速度定数を決定することができる。このことから、反応速度定数と温度の関係を理解する上で、アレニウスパラメーター(頻度因子及び活性化エネルギー)は重要の項目であるといえる。反応速度定数kと温度Tの関係をグラフにすると下記のようになり、温度の上昇に伴い反応速度定数は指数関数的に増加する。 2 アレニウスプロット アレニウス式の両辺に対数をとると、 となる。この式をもとに絶対温度の逆数(1/T)に対して反応速度定数の対数(lnk)をプロットすると、アレニウスプロットが得られる。 アレニウスプロットより、縦軸切片から頻度因子を、傾きから活性化エネルギーを得ることができる。 <頻度因子について> 頻度因子は、最高温度における速度定数であり、その次元(単位)は、速度定数と同じになる。なお、頻度因子は、アレニウスプロットのy軸切片から求めることができる。 <温度変化における速度定数の変化> 温度変化による速度定数の変化を「反応速度定数の温度依存性」といい、活性化エネルギーが大きいほど反応速度定数の温度依存性は大きい。 3 医薬品の安定性の比較  医薬品の安定性は、反応速度定数(反応性を示す指標)と反比例の関係を示すことから、反応速度定数を比較することにより、医薬品の安定性を比較することが可能である。医薬品の安定性を比較するにあたっては、アレニウスプロットが利用される。 例えば、ある温度(T1)における反応性が同じ医薬品Aと医薬品Bがあり、活性化エネルギーの関係がEaA>EaBである場合について考えてみる。 ある温度(T1)では、反応速度定数kが同じになり、また、それぞれの活性化エネルギーの関係がEaA>EaBであることから、上記のようなプロットが得られる。このプロットより、高温側での反応性はA>B(安定性はA<B)、低温側での反応性はA<B(安定性はA>B)であり、温度により反応性(安定性)の大小関係が異なる。このように温度により反応性(安定性)の大小関係が逆転ことがある。 なお、活性化エネルギーが同じ医薬品や頻度因子が同じ医薬品では、温度により反応性が逆転することはない。 4 ポテンシャルエネルギー変化 ポテンシャルエネルギー図より、反応物が生成物になるためには活性化状態を経由することが必要であることがわかる。これについては、ポテンシャルエネルギー曲線上に球があるとイメージすると容易に理解できる。山を越えることができなければ、球は反応物側にころがり、山を越えることができれば、球は生成物側にころがる。要するに球が山を越えることができなければ生成物側に移行することができないため、反応は進行しない。 <活性化エネルギーについて> 活性化エネルギーについては、反応物のエネルギーと活性化状態のエネルギーの差で表される。活性化エネルギーが小さい場合、ポテンシャルエネルギー図における山は小さくなり、反応は進行しやすくなる。 <反応熱(ΔrH)> ポテンシャルエネルギー図より、反応前と反応後のエネルギーの差を読み取ることができ、そのエネルギーは反応熱に該当する。 ・反応前に比べ反応後のエネルギーが大きい場合:吸熱反応 ・反応前に比べ反応後のエネルギーが小さい場合:発熱反応 ◇関連問題◇ 第92回問22、第93回問22、第95回問22 → Read More

複合反応

生体内の反応、放射壊変、医薬品の合成反応には、単純な反応だけではなく、可逆反応、平行反応、連続(逐次)反応などの複合反応が関与していることが多い。 ここでは1次反応による可逆反応、平行反応、連続(逐次)反応を確認する。 1 可逆反応 可逆反応とは、A→Bのように進行する反応(正反応)とB→Aのように進行する反応(逆反応)が同時認められる反応のことである。 例えば、下記のような可逆反応が認められる場合 正反応における速度式と逆反応における速度式は下記のように表すことができる。 可逆反応では、時間の経過に伴って濃度変化が穏やかになり、最終的には見かけ上、濃度変化が認められなくなる。このような状態を平衡状態という。平衡状態においては、正反応の速度と逆反応の速度が等しくなることから、下記の式が成立する。 k1[A]eq=k-1[B]eq ([A]eq、[B]eq:平衡状態におけるA及びBの濃度) 平衡状態を表す指標には、平衡定数Kがあり、下記のように表される。 平衡定数Kより、平衡状態における、及び速度定数に比を求めることができる。 2 平行反応 平行反応とは、反応物より複数の生成物が作られる反応のことである。 例えば、下記のような平行反応が認められる場合 Bの生成速度式及びCの生成速度式は下記のように表すことができる また、Aの分解速度については、Bの生成速度とCの生成速度の和と等しくなることから、下記のように表すことができる。 なお、[B]:[C]については、時間によらず速度定数の比kB:kCとなる。 [B]:[C]については、時間によらず速度定数の比kB:kCとなることから、時間t1および時間t2において青矢印と黄矢印の長さの比は、kB:kCとなる。 3 連続反応(逐次反応) 連続反応(逐次反応)とは、反応物から生成物ができ、生成物から2次生成物、3次生成物ができる反応のことである。 例えば、下記のような連続反応が認められる場合 Aの分解速度式及びCの生成速度式は下記のように表すことができる また、中間体Bの濃度変化については、Bの生成速度とBの分解速度の差より求めることができる。 連続反応(逐次反応)では、中間体BはAから生成せれ、その後、分解(消失)することから、極大値を有する濃度変化を示し、その濃度変化はk1及びk2の影響を受ける。 <連続反応(逐次反応)における律速段階について> 連続反応(逐次反応)では、全体の反応のうち、最も時間がかかる段階を律速段階という。 例えば、A→Bに要する時間が10時間、B→Cに要する時間が5分である場合、AからCになる時間は全体で10時間5分となる。A→Cになる反応において、A→Bに要する時間が長いことから、A→Bが律速段階であるといえる。連続反応(逐次反応)において、律速段階を改善すると、全体の反応時間を短くすることができる。 ◇関連問題◇ 第100回問2、第103回問93 → Read More