日別アーカイブ:2019年07月06日

no image

第104回薬剤師国家試験 問330

2020/4/11  

第104回薬剤師国家試験 問330 68歳男性。以前より便通の異常を自覚していた。病院を受診し、精査の結果、大腸がんが判明し StageIVと診断された。病理検査の結果、RAS変異は陰性であった ...

第104回薬剤師国家試験 問331

2020/4/11  

第104回薬剤師国家試験 問331 以下のレジメンを肺がん患者(体表面積1.70 m2)に適用することになり、薬剤師がミキシングを行うこととなった。 1バイアルあたり500 mg充填されてい ...

第104回薬剤師国家試験 問332

2020/4/11  

第104回薬剤師国家試験 問332 12歳女児。アレルギー性鼻炎により耳鼻咽喉科を受診したところ、以下の薬剤が処方された。 母親に確認したところ、錠剤を服用できないことがわかり、処方医に疑義照 ...

no image

第104回薬剤師国家試験 問333

2020/4/11  

第104回薬剤師国家試験 問333 薬剤師が、インフリキシマブのバイオ後続品(バイオシミラー)の選定を任された。ある添付文書を読んだところ、有効成分に関する理化学的知見に以下の記載があった ...

第104回薬剤師国家試験 問334

2020/4/11  

第104回薬剤師国家試験 問334 64歳男性。心房細動の診断で初めてワルファリンK錠を処方されて、近所の薬局にその処方箋を持参した。対応した薬剤師は、患者に初回質問表を記入してもらい、その内容は以 ...

no image

第104回薬剤師国家試験 問335

2020/4/11  

第104回薬剤師国家試験 問335 豪雨災害を受けた地域の避難所に薬剤師が医療チームの一員として派遣された。食中毒が懸念されており、手の消毒を推奨することになった。この避難所には下記の消毒剤が用 ...

no image

第104回薬剤師国家試験 問336

2020/4/11  

第104回薬剤師国家試験 問336 クリニカルパスは、患者の状態と診療行為の目標及び評価・記録を含む標準診療計画であり、標準からの逸脱を分析することで医療の質を改善するために用いられる。クリニ ...

第104回薬剤師国家試験 問337

2020/4/11  

第104回薬剤師国家試験 問337 6歳男児。体重20kg。歯科診療所で抜歯後、母親がこの男児の処方箋を薬局に持参した。 男児はシロップ剤が苦手のため、母親は粉薬への変更を希望した。薬局にはア ...

第104回薬剤師国家試験 問7

2020/4/11  

第104回薬剤師国家試験 問7 最も塩基性が強い化合物はどれか。1つ選べ。             解答・解説 解答 1 解説 選択肢のうち ...

第104回薬剤師国家試験 問338

2020/4/11  

第104回薬剤師国家試験 問338 73 歳男性。かすみ目を訴えて受診し、以下の処方箋を持って薬局を訪れた。 患者によると、以前、薬局で購入した一般用医薬品(第二類医薬品)八味丸が有効だった経験 ...

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.