yakugaku lab

薬剤師国家試験に合格するために必要な情報、医薬品情報等を配信しています。

サイトを利用される方へのお願いごと

国家試験を受ける方、みんなでよりよい情報を共有するために問題、解答、解説が不適切な場合は、コメントして頂けると非常に助かります。

問い合わせ

国家試験の勉強法
国家試験の問題で不明な部分
作成してほしい動画 等
気軽に問い合わせてくださいね。

薬剤師国家試験対策

薬剤師国家試験を合格するに当たり大切なことは
1 勉強時間を確保すること
2 国家試験で問われる内容を勉強すること
3 問題対応能力を身につけること
この3つの要素が非常に大切!
yakugaku labでは、過去に問われた内容(いわゆる過去問)対策に加え、薬剤師国家試験で問われる各科目(物理、化学、生物、衛生、薬理、病態、薬剤、法規、実務)の教材を作製し、提供することで、上記の2、3に該当するところをサポートしていきます。

過去問の勉強方法

薬剤師国家試験の対策していくに当たり最も重要なことは、過去問をしっかり把握すること
では、過去問をしっかり把握するとはどういうことなんでしょうか?
・過去問を周回すること
・問題に対する解答・解説を覚えること
・問題の内容を覚えること
上記の3つについても過去問を把握する上で重要な要素ではありますが、上記の方法では過去に問われた内容が出題されたとき確実に正答を導くことは難しいと思われます。
正答を確実に導くために大切なことは、問題の意図(出題されている内容)をしっかり把握した上で、解答・解説を把握することです。
それを行うためには、問題のリード文、選択肢をしっかり確認し、解答・解説を確認する必要があります。
yakugaku labでは、過去問より把握しておくべきことを抽出できるようにシンプルかつ的確に解説を作製していきますので、過去問を勉強する際に役立ててくださいね。

動画解説について

文章だけでは分かりにくい解説については、動画解説を作成していく予定です。
文章で確認するより何倍も理解力があがること間違い無し!
動画でしか確認できない内容も盛り込んでいるので、過去問の内容をより理解することができます!

高画質で動画を確認したい方、倍速再生したい方はyoutubeにログインして動画を確認してくださいね。また、最新の動画について確認したい方は、youtubeにてチャンネル登録してくださいね。

当サイトに掲載されている広告について

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。

NEW ENTRY

界面の性質、界面活性剤

2020/9/17  

Section1 界面の性質、界面活性剤 1 界面 界面とは、二つの相が存在するときの境界面のことであり、接する面の種類により、気−液界面、気−固界面、液−液界面、固−液界面などがある。なお、一方が気 ...

高分子の構造と高分子溶液の性質

2020/9/17  

Section2 高分子の構造と高分子溶液の性質 高分子とは、一般に分子量10,000以上の物質のことであり、タンパク質や核酸も高分子に該当する。高分子はその分子量の大きさより低分子と異なる性質を有す ...

流動と変形(レオロジー)

2020/9/16  

Section1 流動と変形(レオロジー) レオロジーとは、物質の変形、流動を扱う分野であり、薬学領域においては、固体的の性質である弾性と液体的な性質である粘性の両方の性質を兼ね備えている半固形製剤( ...

溶解に影響を及ぼす因子

2020/9/13  

Sction4 溶解に影響を及ぼす因子 固体の液体への溶解現象は、溶媒と溶質の分子間相互作用の影響を受ける。温度や溶媒のpHにより分子間相互作用が変化すると、溶解度に変化が認められる。 1 溶解度と温 ...

溶解度、溶解速度

2020/9/12  

Section3 溶解度、溶解速度 溶解平衡とは、固体とその飽和溶液が共存し、固相と液相が平衡状態にあることである。 このときの溶液の濃度を飽和濃度(溶解度)という。 1 溶解度 溶液中に固体が存在す ...

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.