日別アーカイブ:2019年07月15日

第104回薬剤師国家試験 問106

2020/4/11  

第104回薬剤師国家試験 問106 図は桂皮酸イソプロピルエステル[C6H5CH=CHCOOCH(CH3)2]の1H–NMR スペクトル[300 MHz、CDCl3、基準物質はテトラメチルシラン ...

第104回薬剤師国家試験 問104

2020/4/11  

第104回薬剤師国家試験 問104 以下に示す反応において、反応が最も速く進行するR−Brはどれか。1つ選べ。             ...

第104回薬剤師国家試験 問103

2020/4/11  

第104回薬剤師国家試験 問103 d–カンフルとその確認試験に用いられる2,4–ジニトロフェニルヒドラジンとの反応に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。 1 脱水縮合反応である。 ...

第104回薬剤師国家試験 問102

2020/4/11  

第104回薬剤師国家試験 問102 求核置換反応(SN反応)はどれか。2つ選べ。             解答・解説 解答 1、2 解説 1 ...

第104回薬剤師国家試験 問101

2020/4/11  

第104回薬剤師国家試験 問101 以下に示すE2反応に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。 1 化合物Aの最も安定な立体配座はⅡである。 2 脱離反応はIの立体配座のときに進行する。 ...

第104回薬剤師国家試験 問114

2020/4/11  

第104回薬剤師国家試験 問114 紫外線照射によりチミン二量体が生じた大腸菌DNAのヌクレオチド除去修復の概要を図に示した。各反応を説明した文章中の(ア)〜(エ)に入る酵素の組合せとして正しい ...

第104回薬剤師国家試験 問306〜307

2020/4/11  

第104回薬剤師国家試験 問306〜307 82歳男性。在宅で療養しており、てんかんのため処方1の薬剤を服用していたが、今回、処方2が追加となった。この患者は独居であり、薬剤師も参加して多職種 ...

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.