日別アーカイブ: 2019年8月11日

第104回薬剤師国家試験 問156

第104回薬剤師国家試験 問156

利尿薬の主な作用機序及び作用部位の組合せのうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 

 

 

 

 

 

 

 


解答
4、5


解説
1 誤
エプレレノンは、選択的アルドステロン受容体遮断薬であり、遠位尿細管〜集合管に存在するアルドステロン受容体を遮断する。
2 誤
ブメタニドは、ループ利尿薬であり、ヘンレ係蹄上行脚のNa−K−2Cl共輸送体を阻害する。
3 誤
アセタゾラミドは、炭酸脱水酵素阻害薬であり、主に近位尿細管において炭酸脱水酵素を阻害し、Na−H交換系を抑制する。
4 正
トリアムテレンは、カリウム保持性利尿薬であり、遠位尿細管〜集合管に存在するNaチャネルを遮断することで、Na−K交換系を阻害する。
5 正
インダパミドは、非チアジド系利尿薬であり、遠位尿細管におけるNa−Cl共輸送系を阻害する。