日別アーカイブ: 2019年8月18日

第104回薬剤師国家試験 問163

第104回薬剤師国家試験 問163

薬物の経肺吸収に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 ヒトの肺上皮表面積は小腸上皮表面積の約10倍に及ぶため、薬物の吸収部位として適している。
2 肺胞腔内にペプチダーゼが高発現するため、ペプチドの吸収部位として期待できない。
3 肺胞における脂溶性薬物の吸収は、主に単純拡散に従う。
4 肺胞腔と毛細血管を隔てる上皮細胞層は、小腸上皮細胞層と比較し、水溶性薬物及び高分子化合物の透過性が高い。
5 吸入剤の粒子径により到達部位が異なるため、肺胞内に沈着させるためには粒子径を0.5 µm以下に抑える必要がある。

 

 

 

 

 

 


解答
3、4


解説
1 誤
ヒトの肺上皮表面積(100 m2)は、小腸上皮表面積(200 m2)の約2分の1である。ヒトの肺上皮表面積および小腸上皮表面積は、共に広い表面積を有するため、薬物の吸収部位として適している。
2 誤
肺胞腔内にペプチダーゼはほとんど存在しないため、ペプチドの吸収部位として期待できる。
3 正
肺胞における脂溶性薬物の吸収は、主に単純拡散(受動拡散)に従う。
4 正
肺胞腔と毛細血管を隔てる上皮細胞層は、小腸上皮細胞層と比較し、薄く、水溶性薬物及び高分子化合物の透過性が高い。
5 誤
吸入剤の粒子径により到達部位が異なるため、肺胞内に沈着させるためには粒子径を0.5〜1.0 µmにする必要がある。なお、粒子径が0.5 µm以下の粒子は、肺胞に到達しても呼気中に排出される。