日別アーカイブ: 2019年8月15日

第104回薬剤師国家試験 問160

第104回薬剤師国家試験 問160

脂質異常症治療薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 コレスチミドは、コレステロールの胆汁への異化排泄を促進することで、血中LDLコレステロール量を低下させる。
2 シンバスタチンは、肝細胞でアセチルCoAからHMG–CoAへの変換酵素を阻害することで、コレステロールの産生を抑制する。
3 エゼチミブは、小腸コレステロールトランスポーターを阻害することで、コレステロールの吸収を選択的に阻害する。
4 ベザフィブラートは、脂肪細胞のPPARαを阻害することで、血中LDLコレステロール量を低下させる。
5 ニコモールは、脂肪細胞のニコチン酸受容体を刺激することで、脂肪細胞からの遊離脂肪酸の放出を抑制する。

 

 

 

 

 


解答
3、5


解説
1 誤
コレスチミドは、陰イオン交感樹脂であり、消化管内で胆汁酸を吸着し胆汁酸の再吸収を阻害することによりコレステロールの再吸収を抑制する。
2 誤
シンバスタチンは、肝細胞でHMG–CoA(ヒドロキシメチルグルタリルコエンザイムA)からメバロン酸への変換酵素(HMG−CoA還元酵素)を阻害することで、コレステロールの産生を抑制する。
3 正
4 誤
ベザフィブラートは、脂肪細胞のPPARα(ペルオキシソーム増殖剤応答性受容体α)を刺激することで、リポタンパクリパーゼの活性化を高め、トリグリセリドの加水分解を促進する。
5 正
ニコモールは、脂肪細胞のニコチン酸受容体を刺激することで、末梢脂肪組織からの遊離脂肪酸の動員を抑制し、トリグリセリド合成を低下させる。