月別アーカイブ:2019年09月

第104回薬剤師国家試験 問222〜223

2020/3/18  

第104回薬剤師国家試験 問222〜223 78歳男性。経営している会社の業務量が最近急増し、デスクワークが毎日続いたため、眼精疲労と肩こりを強く感じ、一般用医薬品を購入するため来局した。男性 ...

第104回薬剤師国家試験 問220〜221

2020/3/18  

第104回薬剤師国家試験 問220〜221 88歳男性。独居。現在、高血圧症で以下の処方により在宅療養中であり、日中もほとんど寝たきりの生活をしている。 患者は過去に貼付剤による接触性皮膚炎を発 ...

no image

第104回薬剤師国家試験 問218〜219

2020/3/18  

第104回薬剤師国家試験 問218〜219 27歳女性。 1年前に結婚し、近いうちに子供が欲しいと考えている。自分の母子手帳を確認したところ、麻しんワクチンの接種記録が1回であった。近隣の病院に ...

第104回薬剤師国家試験 問216〜217

2020/3/18  

第104回薬剤師国家試験 問216〜217 78歳女性。体重45 kg。骨粗しょう症、うつ病及び不眠症のため下記の処方薬を服用していた。最近、食欲がなくなり、とても体がだるいとの訴えを聞いた家 ...

第104回薬剤師国家試験 問214〜215

2020/3/18  

第104回薬剤師国家試験 問214〜215 50歳女性。3ヶ月前から、ふくらはぎがつることで眠れないなどの症状が出たので、市販の漢方薬Aを服用していた。今回、両下腿浮腫が発現したので、 ...

薬物の標的分子

2020/3/18  

講義動画 薬物の標的となる場所として、受容体、酵素、イオンチャネル、トランスポーターなどがある。本章では、薬物の標的となる受容体、酵素、イオンチャネル、トランスポーターについて概説する。 1 受容体 ...

第104回薬剤師国家試験 問212〜213

2020/3/18  

第104回薬剤師国家試験 問212〜213 60歳男性。喘息のため吸入ステロイド薬と共にテオフィリンを服用している。今回、右腰のまわりに痛みを伴う水疱が出現したので皮膚科を受診したところ、帯状疱 ...

第104回薬剤師国家試験 問210〜211

2020/3/18  

第104回薬剤師国家試験 問210〜211 35歳女性。数日前から咳き込むようになった。市販の咳止め薬を服用していたが、治まらないので病院を受診したところ、呼吸器科で気管支喘息と診断さ れ、以下 ...

アゴニストとアンタゴニスト

2020/3/18  

1 薬物の併用 薬物Aに薬物Bを併用することにより相互作用が認められることがある。薬物Aを単独で用いる場合よりも作用が増強する場合を「協力」といい、減弱される場合を「拮抗」という。協力作用には、相加作 ...

第104回薬剤師国家試験 問208〜209

2020/4/8  

第104回薬剤師国家試験 問208〜209 65歳男性。労作時胸部圧迫感を訴え医療機関を受診している。冠動脈造影により左冠動脈前下行枝に75%の強度狭窄を認め、以下の処方薬を服用していた。 3週間後に ...

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.