副交感神経系に作用する薬

副交感神経系に作用する薬 副交感神経系は、安静時や睡眠時に優位になり、エネルギーを蓄えるように生体反応(縮瞳、気管支収縮、心拍数減少、消化管運動の促進、グリコーゲン合成の促進など)が起こる。 1 副交感神経系の情報伝達機構 副交感神経は、脳幹(中脳、橋、延髄)、仙随から発現しており、長い節前線維(コリン作動性神経)と短い節後線維(コリン作動性神経)で構成されている。 基本、副交感神経の節後線維は、コリン作動神経であり、神経終末よりアセチルコリンを放出し、末梢臓器に情報を伝達する。 副交感神経終末に興奮が伝わると、AChが分泌され、効果器のムスカリン性アセチルコリン受容体(M受容体)が刺激されることにより副交感神経興奮作用を示す。分泌されたAChは、コリンエステラーゼによる酢酸とコリンに分解され、コリンは神経細胞内に取り込まれる。 2 アセチルコリンの生合成と不活化 1)アセチルコリンの生合成 コリン作動性神経内において、アセチルコリンは、コリンアセチルトランスフェラーゼによりコリンとアセチルCoAから合成される。合成されたアセチルコリンは、小胞アセチルコリントランスポーターを介してシナプス小胞に蓄えられる。 アセチルコリンの原料について アセチルコリンの原料であるコリンは、肝臓で生合成され、アセチルCoAは、ミトコンドリアで生合成される。 2)アセチルコリンの不活化  アセチルコリンは、コリンエステラーゼにより酢酸とコリンに分解される。 コリンエステラーゼ(ChE) コリンエステラーゼには、陰性部とエステル部がある。コリンエステラーゼの陰性部がAChの第4級アンモニウムとイオン結合し、エステル部がカルボニルと共有結合することにより酢酸とコリンに加水分解される。 ●コリンエステラーゼの分類 コリンエステラーゼには、アセチルコリンエステラーゼとブチリルコリンエステラーゼ(別名:偽性コリンエステラーゼ、血漿コリンエステラーゼ)がある。 3 副交感神経興奮薬(コリン作動薬) 副交感神経興奮薬とは、副交感神経節後線維により支配されている効果器官に作用する薬のことであり、①直接型コリン作動薬(直接ムスカリン性アセチルコリン受容体に作用して効果器を興奮させるもの)、②間接型コリン作動薬(コリンエステラーゼを阻害することによりアセチルコリンの分解を抑制し、間接的にムスカリン性アセチルコリン受容体を刺激して効果器を興奮させるもの)に分類される。 1)直接型コリン作動薬 直接型コリン作動薬は、アセチルコリン受容体に結合し、内因性アセチルコリンと同様の細胞内反応を起こす。直接型コリン作動薬は、コリンエステル類、合成コリンエステル類、コリン作動性アルカロイドに分類される。直接型コリン作動薬は、アセチルコリン受容体選択性によりニコチン受容体とムスカリン受容体の両方を刺激するものと、ムスカリン受容体のみ刺激するものが存在する。 (1)コリンエステル類 ①→ Read More

免疫学的測定法(イムノアッセイ)

免疫学的測定法(イムノアッセイ) 免疫反応を利用して物質を分析する方法として、免疫学的測定法(イムノアッセイ)がある。イムノアッセイは、抗体に抗原を認識させる(抗原抗体反応を利用する)ことにより、物質を定量する分析法であり、多成分一斉解析には不向きであるが、高感度な測定が可能である。また、合成医薬品やステロイドホルモンなどの低分子からタンパク質や核酸などの高分子までさまざまな物質の定量に用いられている。 1 抗体 1)抗体の構造と機能   抗体は、免疫グロブリンといわれる一群のタンパク質であり、主に5つのクラスに分類(IgM、IgG、IgA、IgD、IgE)されており、その中でもイムノアッセイでは、主にIgGが用いられる。 IgGの構造を以下に示す。 IgGは、2本の重鎖(H鎖)と2本の軽鎖(L鎖)で構成されており、これらはジスルフィド結合で連結されている。H鎖とL鎖はそれぞれ定常部(C領域)、可変部(V領域)に区分される。 抗体は、化学構造上の微妙な違い(官能基の位置、立体配置、種類)を認識し、抗原と特異的に結合する。抗体と抗原が結合する際には、可変部を構成するアミノ酸の一部が特定の抗原との間に相互作用(水素結合、静電力、ファンデルワールス力、疎水性相互作用など)が働く。 <参考:低分子の測定> 特異抗体と結合はするが、免疫反応を起こすことができない低分子をハプテンという。ハプテンに免疫原性を持たせるためには、タンパク質などの高分子と結合させる必要がある。このことから、低分子を免疫測定法により測定するためには、タンパク質などの高分子と結合させる必要がある。 2)抗体の調製  イムノアッセイを行うに当たって、適切な抗体を調製する必要がある。イムノアッセイで用いる抗体の調製法を以下に示す。 例)抗原に抗原決定基Ⅰ、Ⅱを有する場合 この方法により、得られた抗血清中の抗体は、抗原決定基Ⅰ、Ⅱに結合する抗体の混合物であるため、ポリクローナル抗体とよばれる。ポリクローナル抗体は、多くの抗原決定基を認識するため、特定の物質の定量には不向きである。そこで、現在では、細胞融合法により、特定の抗原決定基を認識するモノクローナル抗体を調製している。細胞融合法では、免疫反応させた形質細胞にミエローマ細胞(形質細胞を腫瘍化した細胞)を融合させ、ハイブリドーマ(抗体産生能と増殖能を併せもつ雑種細胞)を作製する。作成したハイブリドーマを、いったん単一のクローンに分離したのち大量に培養すると、モノクローナル抗体を調製することができる。 <参考:交差反応>  交差反応とは、抗体が目的抗原と類似する物質と反応することであり、反応特異性の高いモノクローナル抗体でも、交差反応は認められる。 2 イムノアッセイの分類 イムノアッセイは、抗原抗体反応の様式、B→ Read More

抗うつ薬のまとめ

抗うつ薬のまとめ 1 うつ病、大うつ病性障害 <疫学・好発年齢> ・生涯での有病率:約7% ・女性>男性(女性が男性の約2倍罹患しやすい) ・20歳前後で発症することが多い <病態生理> ・明確にはなっていないが、モノアミン仮説と視床下部–下垂体–副腎皮質系の障害とする2つの仮説がある。 <症状・所見> ・抑うつ気分、興味関心の低下、睡眠障害、易疲労性、気分減退、食欲不振、過食、思考力・集中力の低下、自殺念慮、精神運動性の抑制、焦燥 など <検査・診断> ・DSM–5、ICD–11が用いられる。 DSM–5(精神疾患の診断・統計マニュアル 第5版):精神疾患を分類分けしたもの ICD–11(国際疾病分類 第11回改定版):全疾患を分類したもの *画像診断や神経伝達物質の量から診断することが困難であり、精神症状と経過により診断される。 <治療・管理> ・軽症うつ病 患者の背景、病態の理解に努め、支持的精神療法と心理教育を行う 場合によっては、新規抗うつ薬の投与、認知行動療法を行う ・中等度・重症うつ病 新規抗うつ薬の投与、三環系抗うつ薬の投与、修正型電気けいれん療法(mECT) 修正型電気けいれん療法 両側のこめかみに電極を付け、電気を通すことにより脳内に発作性放電を発生させ、精神症状を軽減させる治療法。自殺念慮、昏迷、精神運動興奮などの重症例、難治性で用いられる。 1)モノアミン仮説 抗うつ薬がシナプス間隙のセロトニン濃度、ノルアドレナリンの濃度を上昇させることにより効果を示すことからモノアミンの不足がうつ病の原因であるとする仮説 モノアミン仮説の矛盾点として、抗うつ薬服用後するに脳内モノアミン濃度が上昇するにも関わらず、うつ症状がすぐに改善しないことがあげられる。 2)視床下部–下垂体–副腎皮質系障害仮説 視床下部–下垂体–副腎皮質のフィードバックに障害が起こり、血中コルチゾールが上昇し、脳由来神経栄養因子が減少することにより海馬の障害、神経新生の抑制が起こっているという仮説 2 抗うつ薬の薬理作用 抗うつ薬は様々な受容体に作用するものがあり、抗うつ薬の作用(主作用、副作用)を理解するためには、各受容体の働きを把握しておく必要がある。 3 三環系抗うつ薬 ①→ Read More

交感神経系に作用する薬

交感神経系に作用する薬 自律神経系は、交感神経系と副交感神経系で構成されており、一般に1つの効果器(臓器)は、交感神経系と副交感神経系により拮抗的支配を受けている(拮抗的二重支配)。 交感神経系は、運動時、恐怖を感じた時、興奮時に優位になり、活動に必要なエネルギーを有効に利用できるように生体反応(散瞳、気管支拡張、心機能亢進、内臓の血管収縮、肝臓におけるグリコーゲン分解の促進など)が起こる。それに対して、副交感神経系は、安静時や睡眠時に優位になり、エネルギーを蓄えるように生体反応(縮瞳、気管支収縮、心拍数減少、消化管運動の促進、グリコーゲン合成の促進など)が起こる。 1 交感神経系の情報伝達機構 交感神経は、胸髄、腰随から発現しており、基本、短い節前線維(コリン作動性神経)と長い節後線維(アドレナリン作動性神経)で構成されている。 例外として、汗腺と副腎髄質を支配する交感神経があり、汗腺を支配する交感神経は、節後線維よりアセチルコリンが遊離され、副腎髄質は、節前線維のみに支配されている。 基本、交感神経の節後線維は、アドレナリン作動神経であり、神経終末よりノルアドレナリンを放出し、末梢臓器に情報を伝達する。 交感神経終末では、チロシンからドパ、ドパミンを経て、ノルアドレナリン(NAd)が合成される。合成されたNAdは、シナプス小胞に貯蔵され、交感神経興奮によりCa2+が流入すると交感神経終末から遊離される。遊離したNAdの一部は、末梢臓器のα受容体、β受容体やシナプス前膜のα2受容体に作用する。 シナプス間隙に遊離したNAdの大部分は、アミントランスポーターにより神経終末に取り込まれ、その一部は、小胞モノアミントランスポーターにより小胞に貯蔵される。また、再取り込みされなかったNAdは、カテコール−O−メチルトランスフェラーゼ(COMT)により分解される。 2 情報伝達物質の生合成と不活化 1)カテコールアミンの生合成 中枢神経および交感神経節後線維において、チロシンは、チロシン水酸化酵素(チロシンヒドロキシラーゼ)によりドパとなり、その後、芳香族L−アミノ酸脱炭酸酵素によりドパミンとなる。ドパミンは、ドパミンβ−水酸化酵素(ドパミンβ−ヒドロキシラーゼ)によりノルアドレナリンとなる。 中枢神経および副腎髄質において、ノルアドレナリンはN−メチル基転移酵素(N−メチルトランスフェラーゼ)によりアドレナリンとなる。 2)ノルアドレナリンの不活化 ノルアドレナリンの不活化には、ミトコンドリアや神経終末に存在するモノアミン酸化酵素(MAO)や末梢臓器に存在するカテコール−O−メチルトランスフェラーゼ(COMT)が関与している。 MAO(モノアミン酸化酵素) モノアミンの酸化的脱アミノ化を行う酵素の総称 COMT(カテコール−O−メチルトランスフェラーゼ) β−フェニルエチルアミンのカテコールの3位の水酸基(OH)をメチル化する酵素 3 交感神経興奮薬(アドレナリン作動薬) 交感神経興奮薬とは、アドレナリンα受容体やβ受容体にアゴニストとして作用する薬のことであり、①直接型(直接受容体に作用して効果器を興奮させるもの)、②間接型(交感神経終末に作用してノルアドレナリンを遊離させ、間接的に効果器を興奮させるもの)、③混合型(直接型と間接型の両方の性質を有するもの)に分類される。 1)直接型アドレナリン作動薬 (1)アドレナリンα、β受容体刺激薬 ①→ Read More

レクサプロ(エスシタロプラム)

レクサプロ(エスシタロプラム) 名称 商品名:レクサプロ 一般名:エスシタロプラムシュウ酸塩 剤形、規格 錠:10mg、20mg 構造 薬効分類 セロトニン再取り込み阻害薬 薬効薬理・作用機序 エスシタロプラムは選択的にセロトニンの再取り込みを阻害することにより脳内において細胞外のセロトニン濃度を増大させ、5−HT系神経を賦活化させ抗うつ作用を示すと考えられている。 エスシタロプラムの特徴 他のSSRIに比べ、セロトニン受容体に対してより選択的に作用する。 適応症、服用方法、使用方法 ・うつ病・うつ状態、社会不安障害 通常、成人にはエスシタロプラムとして10mgを1日1回夕食後に経口投与する。なお、年齢・症状により適宜増減するが、増量は1週間以上の間隔をあけて行い、1日最高用量は20mgを超えないこととする。 抗うつ剤の投与により、24歳以下の患者で、自殺念慮、自殺企図のリスクが増加するとの報告があるため、本剤の投与にあたっては、リスクとベネフィットを考慮することとされている。 使用できない場合(禁忌) ・本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者 ・モノアミン酸化酵素(MAO)阻害剤(セレギリン塩酸塩、ラサギリンメシル酸塩)を投与中あるいは投与中止後14日間以内の患者 ・ピモジドを投与中の患者 ・QT延長のある患者(先天性QT延長症候群等) [心室頻拍(torsades→ Read More