日別アーカイブ:2023年01月09日

no image

第106回薬剤師国家試験 問332

2023/1/9  

63歳男性。体重60kg。症候性の急性低ナトリウム血症(血清ナトリウム濃度108mEq/L)のため、医師より3%高張食塩水により一定時間内に血清ナトリウム濃度を120mEq/Lまで上昇させる必要がある ...

no image

第106回薬剤師国家試験 問333

2023/1/9  

フェンタニルクエン酸塩注射液を投与開始から10分後、担当医が別の患者に誤って投与されていることに気づき、すぐに投与を中止した。その後、麻薬管理者がこの麻薬の誤投与に対して行う届出に関する記述のうち、正 ...

no image

第106回薬剤師国家試験 問335

2023/1/9  

調剤については人が関与する限りミスを避けることができない。その原因を分析し、対策を講じることで、発生を減らさなければならない。調剤ミスを防止するための取組について、誤っているのはどれか。1つ選べ。  ...

no image

第106回薬剤師国家試験 問336

2023/1/9  

成人になって気管支ぜん息を再発した患者に対して、フルチカゾンプロピオン酸エステルドライパウダーインヘラーによる治療が、1年前に開始された。医師による診察前の薬剤師外来で、「ぜん息症状のコントロールはで ...

第107回薬剤師国家試験 問224〜225

2023/1/9  

65歳女性。体重50kg。術後肺炎と診断され、喀痰から緑膿菌が検出された。医師の指示により、シプロフロキサシン注射液が静脈内投与された。 問224(物理・化学・生物) 検査部で、患者の痰から分離・同定 ...

第107回薬剤師国家試験 問218〜219

2023/1/9  

60歳女性。右上葉原発性肺腺がんと診断され、右上葉切除術が施行された。その後、術後補助化学療法が施行され経過観察となった。術後4年経過時、胸部CT写真で右鎖骨上窩リンパ節に転移が認められ、再発と診断さ ...

no image

第107回薬剤師国家試験 問113

2023/1/9  

糖新生に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。 乳酸、脂肪酸、ロイシン、グルタミン酸などからグルコースを生合成する代謝経路である。 主に骨格筋で起こる反応である。 律速酵素であるホスホエノール ...

no image

第107回薬剤師国家試験 問216〜217

2023/1/9  

38歳女性。抜け毛が気になり薬局を訪れた。医薬品ではなく、まずはサプリメントで様子をみたいと希望した。薬剤師は、体毛や皮膚を乾燥から守るため脂質成分が重要であることを説明し、ビオチンを含有するサプリメ ...

アダパレン/過酸化ベンゾイル

2023/1/9  

◉名称、化学構造 名称:アダパレン/過酸化ベンゾイルゲル アダパレン 過酸化ベンゾイル ◉代表的な製剤 エピデュオゲル ◉分類 尋常性ざ蒼治療剤 ◉効能・効果 尋常性ざ瘡 ◉薬理作用、臨床成績 アダパ ...

no image

第107回薬剤師国家試験 問143

2023/1/9  

医薬品の開発における臨床試験に関する記述のうち、正しいのはどれか。1つ選べ。 第Ⅰ相試験の主な目的は、用法・用量を決定することである。 前期第II相試験の主な目的は、薬物動態試験の実施である。 後期第 ...

Copyright© yakugaku lab , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.