質量分析法

質量分析法  質量分析法は、分子をイオン化して質量を求める技術であり、医薬品やタンパク質の解析などに幅広く用いられている。 1 質量  質量は、物質固有の値であり、その単位は国際単位系(SI)ではkgで表されるが、質量分析法では、統一原子質量単位(u)で表される。1uとは、12C(陽子6、中性子6、電子6)1原子の質量を12.000としたときの1/12の質量と定義されている。陽子、中性子、電子はそれぞれ異なる質量を有するため、12C以外の核種は小数点以下の端数を有する。 質量分析法を理解するためには、次の3つの質量についても把握しておく必要がある。 ●相対分子質量(平均質量) 平均原子質量をもとに計算した質量 ●モノアイソトピック質量(精密質量) 天然存在比最大の同位体で構成されているとしたときの質量 (最小質量の同位体を組み合わせた質量という解釈もある。) ●最大強度質量 もっとも確率の高い同位体の組み合わせによる質量   例)臭素分子(Br2)の質量について Brの同位体の精密質量と天然存在比は、79Br=78.918、50.69%、81Br=80.916、49.31%であり、このデータをもとに臭素分子(Br2)の平均質量、モノアイトピック質量、最大強度質量を計算する。 ●相対分子質量(平均質量)  臭素(Br)の平均原子質量=78.918×0.5069+80.916×0.4931=79.903であることから、臭素分子(Br2)の平均質量は、79.903×2=159.806となる。 ●モノアイソトピック質量 臭素において天然存在比がもっとも大きい同位体は79Brであることから、臭素分子(Br2)のモノアイソトピック質量は、78.918×2=157.836となる。 ●最大強度質量  79Brと81Brは天然に約1:1で存在することから、Br2の組合せは以下のように考えることができる。 上記の表より、79Br79Br:79Br81Br:81Br81Br=1:2:1で存在する。 このことから、臭素分子(Br2)の最大強度質量は78.918+80.916=159.834となる。 <参考:塩素分子の質量強度比> 35Clと37Clは天然に約3:1で存在することから、Cl2の組合せは以下のように考えることができる。 上記の表より、35Cl35Cl:35Cl37Cl:37Cl37Cl=9:6:1で存在する。 2 マススペクトル マススペクトルは、縦軸にシグナルの相対強度、横軸にm/z(質量電荷比)をとり、プロットしたものであり、スペクトル上のシグナルをピークという。 ①→ Read More