年別アーカイブ:2020年

no image

第105回薬剤師国家試験 問62

2020/5/22  

第105回薬剤師国家試験 問62 骨格筋の壊死と再生を繰り返し、徐々に筋萎縮や筋力低下が進行する遺伝性の疾患はどれか。1つ選べ。 1 重症筋無力症 2 筋ジストロフィー 3 皮膚筋炎 4 多発性 ...

no image

第105回薬剤師国家試験 問59

2020/5/22  

第105回薬剤師国家試験 問59 フィラデルフィア染色体が高頻度に認められる疾患はどれか。1つ選べ。 1 急性骨髄性白血病 2 慢性骨髄性白血病 3 成人T細胞白血病 4 悪性リンパ腫 5 多発性骨髄 ...

no image

第105回薬剤師国家試験 問58

2020/5/22  

第105回薬剤師国家試験 問58 横紋筋融解症で高値を示す血液検査所見はどれか。1つ選べ。 1 白血球数 2 血小板数 3 ビリルビン値 4 アルブミン値 5 ミオグロビン値   &nbsp ...

no image

第105回薬剤師国家試験 問57

2020/5/22  

第105回薬剤師国家試験 問57 小細胞肺がんの腫瘍マーカーとして有用なのはどれか。1つ選べ。 1 PIVKA−Ⅱ(protein induced by vitamin K absence or an ...

no image

薬剤性過敏症症候群

2020/5/22  

●概要 薬剤性過敏症症候群とは、重症の薬疹のことであり、高熱(38℃以上)をともなって、全身に赤い斑点がみられ、さらに全身のリンパ節(首、脇の下、股の付け根など)が腫れたり、肝機能障害など、血液検査異 ...

no image

中毒性表皮壊死融解症(中毒性表皮壊死症)

2020/5/22  

●概要 中毒性表皮壊死融解症とは、全身が広範囲にわたり赤くなり、全身の10%以上にやけどのような水ぶくれ、皮膚のはがれ、ただれなどが認められ、高熱(38℃以上)、皮膚や口にブツブツ、目が赤くなるなどの ...

no image

スティーヴンス・ジョンソン症候群

2020/5/22  

●概要 スティーヴンス・ジョンソン症候群とは、高熱(38℃)を伴って、発疹・発赤、やけどのような水ぶくれなど激しい症状が比較的短期間に全身の皮膚、口、目の粘膜に現れる病態であり、医薬品の使用により誘発 ...

no image

急性汎発性発疹性膿疱症

2020/5/21  

●概要 急性汎発性発疹性膿疱症とは、高熱(38℃以上)とともに急速に全身が赤くなったり、赤い斑点がみられ、さらにこの赤い部分に多数の小さな白っぽい膿のようなブツブツ(小膿疱)が出現する病態であり、医薬 ...

no image

薬剤による接触性皮膚炎

2020/5/21  

●概要 接触性皮膚炎は、一般に「かぶれ」とよばれており、これは外部から皮膚についた化学物質が原因となって、皮膚にかゆみや痛みを起こさせ、赤くなる、腫れる、ブツブツが出る、ただれるなどの炎症を起こす病気 ...

no image

非ステロイド性抗炎症薬による蕁麻疹/血管性浮腫

2020/5/21  

●概要 非ステロイド性抗炎症薬による蕁麻疹/血管性浮腫とは、非ステロイド性抗炎症薬(解熱消炎鎮痛薬)使用後、数分から半日して、皮膚が地図状に盛り上がりかゆみを伴うもしくは急にくちびるやまぶた、顔面がふ ...

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.