第96回薬剤師国家試験

第96回薬剤師国家試験 問132(改)

第96回薬剤師国家試験 問132(改)

強心配糖体に関する記述のうち、誤っているのはどれか。2つ選べ。

1 心筋細胞膜のNa/ Ca2交換系を直接抑制し、心筋細胞内Ca2濃度を増加させる。
2 房室伝導時間を短縮し、心電図上PR間隔を短縮する。
3 心拍数を減少させるので、発作性上室性頻脈の治療に用いられる。
4 心室筋の自動性を高めるので、副作用として心室性期外収縮を起こす。
5 低K血症を起こす利尿薬との併用により、ジギタリス中毒が増強される。

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、2

解説
1 誤っている
強心配糖体は、心筋細胞膜のNa,K–ATPaseを阻害し、間接的に細胞膜のNa/ Ca2交換系を抑制することにより心筋細胞内Ca2濃度を増加させる。
2 誤っている
強心配糖体は、房室伝達抑制作用を有するため、房室伝導時間を延長し、心電図上のPR間隔を延長する。
3 正しい
強心配糖体は、迷走神経刺激作用により、心房の心拍数を減少させるため、発作性上室性頻脈の治療に用いられる。
4 正しい
強心配糖体は、心室筋の自動性を高めるため、副作用として心室性期外収縮を起こすことがある。
5 正しい
低K血症により、強心配糖体のNa,K–ATPase阻害作用が増強されるため、強心配糖体と低K血症を起こす利尿薬を併用することにより、ジギタリス中毒が増強されることがある。

-第96回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.