第89回薬剤師国家試験

第89回薬剤師国家試験 問24(改)

第89回薬剤師国家試験 問24(改)

質量分析法に関する記述のうち、正しいのはどれか。1つ選べ。

1 化学イオン化法は、生体高分子を非破壊でイオン化する方法である。
2 タンパク質の分子量測定には、電子衝撃イオン化法が適している。
3 質量スペクトルの中で強度が一番大きいピークは、分子イオンピークとよばれる。
4 m/z値が1000.0と1000.1のピークが明瞭に区別できる場合の分離能は、10000である。
5 常圧でイオン化できる方法は、未だ開発されていない。

 

 

解答・解説

解答
4

解説
1 誤
化学イオン化法は、試薬ガスを用いて分子量1000以下の 揮発性化合物を破壊的にイオン化する方法であり、生体高分子を非破壊でイオン化することはできない。
2 誤
電子衝撃イオン化法は、熱電子を照射することにより分子量1000以下の揮発性化合物をイオン化する方法であり、タンパク質の分子測定には用いられない。
3 誤
質量スペクトルの中で強度が一番大きいピークは、基準ピークとよばれる。
4 正
質量スペクトル上で近接する各ピークがどの程度明確に分離されているかを示す尺度を分離能といい、以下の式で表される。
分離能= m/z値÷m/z値の差
よって、m/z値が1000.0と1000.1のピークが明瞭に区別できる場合の分離能は、1000÷(1000.1-1000)=10000となる。
5 誤
常圧でイオン化できる方法には、エレクトロスプレーイオン化法、大気圧化学イオン化法がある。

-第89回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.