第94回薬剤師国家試験 問126(改)

第94回薬剤師国家試験 問126(改) 抗うつ薬及び抗そう薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。 1 クロミプラミンは、抗コリン作用の弱い抗うつ薬である。 2 ミアンセリンは、シナプス前アドレナリンα2受容体遮断により、ノルアドレナリン遊離を増加させる。 3 パロキセチンは、セロトニン再取り込みを阻害し、神経終末のセロトニン自己受容体のダウンレギュレーションを引き起こす。 4 炭酸リチウムは、イノシトール−1−リン酸分解酵素を阻害し、ホスファチジルイノシトール代謝回転を亢進させる。 5 ミルナシプランは、ドパミントランスポーターに選択的に作用してドパミン再取り込みを阻害する。                 解答 2、3 解説 1 誤 クロミプラミンは、三環系抗うつ薬であり、抗コリン作用の強い抗うつ薬である。 2 正 ミアンセリンは、ノルアドレナリン作動性神経のシナプス前膜に存在するα2受容体を遮断してノルアドレナリンの遊離を促進し、シナプス間隙のノルアドレナリン濃度を上昇させることにより抗うつ作用を発現する。 3 正 パロキセチンは、選択的にセロトニンの再取り込みを阻害し、シナプス間隙のセロトニン濃度を上昇させるとともに神経終末のセロトニン自己受容体のダウンレギュレーションを引き起こすことにより抗うつ作用を発現する。 4 誤 炭酸リチウムの抗そう作用の作用機序として、ホスファチジルイノシトール(PI)代謝回転の抑制が関与していると考えられている。炭酸リチウムは、イノシトール−1−リン酸分解酵素を特異的に阻害することにより細胞内イノシトールを減少させ、PI代謝を抑制する。 5 誤 ミルナシプランは、セロトニン及びノルアドレナリンのトランスポーターに選択的に作用してセロトニン及びドパミンの再取り込みを阻害する。 → Read More

第94回薬剤師国家試験 問20(改)

第94回薬剤師国家試験 問20(改) 電解質溶液の導電率に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。 1 KClのモル導電率は、濃度に対して直線的に減少する。 2 KClの極限モル導電率は、構成イオンの極限モル導電率の差で表される。 3 KClのモル導電率がLiClのモル導電率より大きいのは、Li+がK+より強く水和しているため、Li+の移動が抑えられているからである。 4 H+の極限モル導電率は、金属イオンの極限モル導電率より大きい。               解答 3、4 解説 1 誤 KClなどの強電解質のモル伝導率は、濃度の平方根に対して直線的に減少する。 2 誤 KClの極限モル導電率は、構成イオンの極限モル導電率の和で表される。 3 正 アルカリ金属イオンにおけるモル伝導率の大小関係は、Li+<Na+<K+となっており、イオン結晶半径が大きいほど値が大きくなっている。通常、小さいイオンほど水中を移動しやすく、モル伝導率が大きくなると予想されるが、実際には順序が逆となっている。この理由としては、Li+、Na+、K+は同じ電荷をもっていてもイオン自身の大きさが小さいほど、その周囲の電場が強くなり極性をもつ水分子が強く引き寄せられ(水和し)見かけ上大きいイオンとなって移動するためである。 4 正 H+とOH-の極限モル伝導率は、他のイオンに比べ大きな値を示す。H+とOH-が大きな値を示す理由は、水素結合の生成と切断を通じて、水中を移動するためである。 → Read More