第96回薬剤師国家試験

第96回薬剤師国家試験 問129(改)

第96回薬剤師国家試験 問129(改)

免疫抑制薬に関する記述のうち、正しいのせはどれか。2つ選べ。

1 バシリキシマブは、ヒトインターロイキン-2受容体に対するモノクローナル抗体で、T細胞の増殖・分化を抑制する。
2 シクロホスファミドは、アルキル化によりDNA合成を阻害し、リンパ球増殖を抑制する。
3 シクロスポリンは、抗原刺激によるB細胞の増殖反応を選択的に抑制し、臓器移植の際の拒絶反応を防止する。
4 タクロリムスは、カルシニューリンを活性化し、インターロイキンなどのサイトカイン産生を抑制する。
5 ミゾリビンは、高分子核酸(DNA、RNA)に取り込まれることにより、免疫細胞の増殖を抑制する。

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、2

解説
1 正
バシリキシマブは、ヒトインターロイキン-2受容体に対するモノクローナル抗体で、T細胞表面にあるIL–2受容体のα鎖に結合し、Th1細胞が放出するIL–2によるT細胞の活性化および増殖を抑制することで免疫抑制作用を示す。
2 正
シクロホスファミドは、体内でCYP2B6により活性体(4–ヒドロキシシクロホスファミド)となり、DNAなどをアルキル化することによりT細胞やB細胞の分化・増殖を抑制する。
3 誤
シクロスポリンは、ヘルパーT細胞にあるイムノフィリン(イムノフィリンのシクロフィリン)に結合し、カルシニューリンを阻害することによりT細胞活性化因子(NF–AT)を抑制する。その結果、ヘルパーT細胞でのサイトカイン(IL–2、IFN–γ)の生合成を抑制し、T細胞の活性化を抑制する。
4 誤
タクロリムスは、ヘルパーT細胞にあるイムノフィリン(イムノフィリンのFKBP)に結合し、カルシニューリンを阻害することによりT細胞活性化因子(NF–AT)を抑制する。その結果、ヘルパーT細胞でのサイトカイン(IL–2、IFN–γ)の生合成を抑制し、T細胞の活性化を抑制する。
5 誤
ミゾリビンは、アザチオプリンと異なり、高分子核酸(DNA、RNA)に取り込まれず免疫抑制作用を示す。

-第96回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.