未分類

第93回薬剤師国家試験 問49(基礎薬学) 遺伝、染色体

ヒトの遺伝に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. 正常ヒト二倍体細胞の染色体数は46本であり、その中の44本は常染色体とよばれる。
  2. ヒト精子には、X染色体を含むもの及びY染色体を含むものの2種類があり、X染色体を含む精子が受精して誕生する個体は男子である。
  3. 血友病Aは、伴性劣性遺伝様式を示す遺伝病であり、患者には女子が多い。
  4. 精子や卵子が生成するときには、減数分裂が起こる。

解答・解説

解答
1、4

解説
1 正
正常ヒト体細胞(二倍体細胞)に含まれる染色体は46本であり、44本(22対)の常染色体と2本の性染色体が存在する。

2 誤
ヒト精子には、X染色体を含むもの及びY染色体を含むものの2種類があり、X染色体を含む精子が受精して誕生する個体は女子であり、Y染色体を含む精子が受精して誕生する個体は男子である。

3 誤
血友病Aは、伴性劣性遺伝病であり、患者には男子が多い。

4 正
精子、卵子が形成される際には、染色体の数が減る分裂(減数分裂)を行う。

-未分類

Copyright© yakugaku lab , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.