第106回薬剤師国家試験

第106回薬剤師国家試験 問329

第106回薬剤師国家試験 問329

特にリスクの高い薬物とその注意点又は特徴の組合せのうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、5

解説
1 誤
トファシチニブクエン酸塩は、既存治療で効果不十分な関節リウマチ、中等症から重症の潰瘍性大腸炎の寛解導入及び維持療法(既存治療で効果不十分な場合に限る)に使用される。
2 正
カペシタビンは、副作用として手足症候群を起こすとの報告があるため、防止対策としての保湿指導(ヘパリン類似物質含有軟膏や白色ワセリン使用による保湿など)が必要である。
3 誤
メトホルミンは、1型糖尿病に使用されることはない。
4 誤
アルテプラーゼは、虚血性脳血管障害急性期に伴う機能障害の改善(発症後4.5時間以内)、急性心筋梗塞における冠動脈血栓の溶解(発症後6時間以内)に使用される。
5 正
オキサリプラチンは、副作用として末梢神経障害を起こすとの報告があるため、末梢神経障害の予防のために寒冷刺激を避ける必要がある。

 

-第106回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.