第106回薬剤師国家試験

第106回薬剤師国家試験 問294〜295

 48歳男性。近視でハードコンタクトレンズを使用している。45歳時より眼科でドライアイと診断され、ジクアホソルナトリウム点眼液を処方され、点眼している。ここ数年2〜4月頃に発作性反復性のくしゃみ、水性鼻漏と鼻閉の症状が出ていたが、この時期を過ぎると楽になるので経過をみていた。本年2月にこれら症状が悪化し、眼もかゆくなったため、病院を受診し、ビラスチン錠とエピナスチン塩酸塩点眼液が処方され、処方箋をもって来局した。

問294(病態・薬物治療)
この患者の病態として、考えられるのはどれか。2つ選べ。

  1. 鼻粘膜でII型アレルギー反応が起こっている。
  2. ハウスダストやダニが原因である。
  3. 鼻内所見で鼻粘膜に発赤がみられる。
  4. 気管支ぜん息を合併しやすい。
  5. 抗原飛散数の増加により症状が増悪する。

 

 

 

 

解答・解説

解答
3、5

解説
2〜4月頃に発作性反復性のくしゃみ、水性鼻漏、鼻閉の症状が出ていたが、この時期をすぎると楽になることから、季節性のアレルギー性鼻炎であると推察される。

1 誤
季節性のアレルギー性鼻炎は、鼻粘膜でⅠ型アレルギー反応が起こっている。

2 誤
季節性のアレルギー性鼻炎の主な原因は花粉(スギの花粉、イネの花粉、ヒノキの花粉など)である。なお、通年性のアレルギー性鼻炎の主な原因として、ハウスダスト、ダニなどがある。

3 正
季節性のアレルギー性鼻炎では、鼻粘膜に発赤・充血がみられることが多い。

4 誤
アレルギー性鼻炎における気管支ぜん息合併率は20%程度であり、アレルギー性鼻炎の患者が気管支ぜん息を合併する確率は高くない。

5 正
アレルギー性鼻炎の症状は、花粉飛散数が増加する時期に増悪する。

問 295(実務)
 この患者への服薬指導として、適切なのはどれか。2つ選べ。

  1. これらの薬剤を使用する際には自動車等の運転をしないで下さい。
  2. ビラスチン錠は1日1回空腹時に服薬して下さい。
  3. 処方された点眼液を使用するときは、コンタクトレンズを外す必要がありません。
  4. 処方された点眼液を点眼する際は、点眼間隔をあける必要はありません。
  5. 症状がひどいときには、エピナスチン塩酸塩点眼液を一度に2滴以上続けて点眼して下さい。

 

 

 

解答・解説

 解答
2、3

解説
1 誤
ジクアホソルナトリウム点眼液、ビラスチン錠、エピナスチン塩酸塩点眼液を使用する際には、「自動車等の運転をしないで下さい」との注意喚起はない。

2 正
ビラスチン錠は、食後(特に高脂肪食)に服用すると、血中濃度が低下するおそれがあるため、空腹時に服用する必要がある。

3 正
ジクアホソルナトリウム点眼液、エピナスチン塩酸塩点眼液は、防腐剤としてベンザルコニウム塩化物を使用していないため、点眼する際にコンタクトレンズを外す必要はない。

4 誤
ジクアホソルナトリウム点眼液、エピナスチン塩酸塩点眼液を使用する際には、5分以上の間隔をあけて使用する必要がある。

5 誤
エピナスチン塩酸塩点眼液を一度に2滴以上続けて点眼しても、ほとんど流れ出てしまうため、効果の増大を見込むことができない。

-第106回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.