第106回薬剤師国家試験

第106回薬剤師国家試験 問230〜231

第106回薬剤師国家試験 問230〜231

72歳男性。1ヶ月前に妻と死別後独居となり、毎日ほとんど食事をとらず、アルコールを多量に摂取していた。ある朝、娘が自宅を訪れたところ、意識消失状態で床に倒れていたため、救急車を呼び救急病院に搬送された。診察の結果、ウェルニッケ脳症を疑い、治療を開始した。 

入院時所見:
身長167cm、体重50kg、尿量30mL/h
血清クレアチニン値0.65mg/dL、Na 150mEq/L、K 4.0mEq/L 

問230(実務)
入院時に投与するのが適切なのはどれか。2つ選べ。 

  1. 高カロリー輸液
  2. 生理食塩水
  3. 5%ブドウ糖加酢酸リンゲル液
  4. ビタミンB1製剤
  5. カリウム製剤

 

 

 

 

解答・解説

解答
3、4

解説
問題文に「毎日ほとんど食事をとらず、アルコールを多量に摂取していた」「ウェルニッケ脳症を疑い」と記載されていることから、本患者は、低栄養状態であり、ビタミンB1欠乏状態であると推測される。また、入院時初見より、血清クレアチニン値、カリウム値が正常であるが、ナトリウム値が高値であり、尿量減少が認められることから、水分欠乏型脱水状態にあると考えられる。
1 誤
低栄養状態に高カロリー輸液を投与すると、急激な血糖上昇によりインスリン分泌が促進され、リフィーディングシンドロームを呈することがある。
◇リフィーディングシンドローム◇
慢性的な低栄養状態が続き高度の低栄養状態にある患者に突然充分量の栄養を供給すると、インスリン分泌が刺激され、細胞内にグルコースが流れ込むことでATPの産生が促進し、リン、電解質、ビタミンB1の消費が増大することで様々な症状を呈する。

2 誤
本患者は、エネルギー供給が必要であるため、生理食塩水を投与することは適切ではない。
3 正
5%ブドウ糖加酢酸リンゲル液は、少量のエネルギー(1Lあたり約200kcal)と細胞外液を補給することができるため、本患者に適している。
4 正
本患者はビタミンB1が不足していると推測されるため、ビタミンB1製剤を投与することは適切である。
5 誤
カリウム値は正常であるため、カリウム製剤を投与することは適切ではない。

問231(衛生) 

この患者の病態と栄養状態に関する記述のうち、誤っているのはどれか。1つ選べ。 

  1. 十分な食事をしていないため、エネルギー代謝の主体が、脂肪やタンパク質から糖中心に変わっていると考えられる。
  2. この患者では、グルコースからのATP産生が低下していると考えられる。
  3. この患者におけるウェルニッケ脳症の発症には、アルコールの多量摂取が関与している。
  4. この患者に一般食(2000kcal/日)を与えると、ウェルニッケ脳症が悪化すると考えられる。
  5. この患者に一般食(2000kcal/日)を与えると、リフィーディングシンドロームを引き起こすことがある。

 

 

 

 

解答・解説

解答
1

解説
1 誤っている
低栄養状態では、肝臓でのグリコーゲン分解される糖中心のエネルギー代謝の後、脂肪組織や筋肉組織での脂肪酸やアミノ酸からのエネルギー代謝が行われる。
2 正しい
ビタミンB1欠乏状態であることから、解糖系の最終代謝産物であるピルビン酸からアセチルCoAの産生が起こりにくく、グルコースの好気的なエネルギー産生が行われにくい。
3 正しい
アルコールを多量摂取すると、エタノール、アセトアルデヒドの代謝の過程でビタミンB1が消費されやすくなる。
4 正しい
低栄養状態に一般食(2000kcal/日)を与えると、ビタミンB1、リン酸、電解質の消費が増大し、ウェルニッケ脳症、リフィーディングシンドロームを引き起こすことがある。
5 正しい

-第106回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.