第106回薬剤師国家試験

第106回薬剤師国家試験 問226〜227(実践問題) 肺炎球菌ワクチン

70歳男性。10年前から2型糖尿病と前立腺がんに罹患し治療を受けている。また、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の診断を受け、治療中である。今回友人より、「あなたは70歳だけど肺炎球菌ワクチンの接種をしないのか」と聞かれ、ワクチン接種の相談に薬局を訪れた。患者はインフルエンザワクチンを接種したことはあるが、肺炎球菌ワクチンを接種した経験はなかった。 

問226(衛生)
薬剤師はこの患者からワクチンについて相談を受けた。この患者に接種が検討される肺炎球菌ワクチンに関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. このワクチンは、肺炎球菌の病原性を弱毒化した生ワクチンである。
  2. このワクチンには、血清型の異なる肺炎球菌の莢膜多糖が含まれている。
  3. この患者には、予防接種法による集団予防を目的として肺炎球菌ワクチンが接種される。
  4. このワクチンは、ジフテリア毒素がアジュバントとして結合しているので、ジフテリアの予防もできる。
  5. ワクチン接種後、この患者に健康被害が生じた場合、予防接種健康被害救済制度により救済措置を受けることができる。

解答・解説

解答
2、5

解説
肺炎球菌感染症において、高齢者に対する予防接種は定期B類疾病予防接種に位置付けられている。

【対象者】
①:65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳の誕生日を迎える方
②:60歳から65歳未満の方で、心臓、腎臓、呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害やヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害がある方
この予防接種では、ニューモバックスNP(肺炎球菌中で高頻度にみられる23種類の莢膜型の肺炎球菌を型別に培養・増殖し、殺菌後に各々の型から抽出、精製した莢膜ポリサッカライドを混合した液剤)が用いられる。

1 誤
ニューモバックスNPは、不活化ワクチンである。

2 正

3 誤
定期B類疾病予防接種では、個人の発病または重症化の予防に重点を置き、本人が接種を希望する場合に実施される。

4 誤
アジュバンドとは、薬物による効果を高めたり補助したりする目的で併用される物質・成分のことであり、ワクチンにおいては、一緒に投与することでその効果(免疫原性)を高める目的で使用される。ニューモバックスNPにはアジュバンドとして、ジフテイア毒素は含まれていない。なお、プレベナー13水性懸濁注(沈降13価肺炎球菌結合型ワクチン)は、肺炎球菌莢膜ポリサッカライドを型別に、ジフテリア菌の変異株に産生させることで製剤化するが、ジフテリアの予防接種に転用することはできない。また、本剤にはアジュバンドとして、リン酸アルミニウムが含まれている。

5 正
定期接種後の発生する副反応による健康被害は、予防接種健康被害救済制度により給付が行われる。なお、任意接種および接種時期以外の定期接種の副反応による健康被害は医薬品副作用被害救済制度の対象となる。

問227(実務) 
 肺炎球菌ワクチン及びこの患者のワクチン接種に関する注意点について、正しいのはどれか。1つ選べ。 

  1. 糖尿病の治療中のため、肺炎球菌ワクチンの接種不適当者である。
  2. 前立腺がんの治療中のため、肺炎球菌ワクチンの接種不適当者である。
  3. 肺炎球菌ワクチンは、室温保存できる。
  4. 肺炎球菌ワクチンは、筋肉内注射できる。
  5. インフルエンザワクチンと肺炎球菌ワクチンは混合して投与できる。

解答・解説

解答
4

解説
1 誤
糖尿病、前立腺肥大症の治療中でも肺炎球菌ワクチンを接種することは可能である。

2 誤
解説1参照

3 誤
肺炎球菌ワクチン(ニューモバックスNP)の貯法は、「8℃以下、凍結を避けること」とされている。

4 正
肺炎球菌ワクチン(ニューモバックスNP)は、筋肉内または皮下に注射する。

5 誤
肺炎球菌ワクチン(ニューモバックスNP)は、インフルエンザワクチンとの接種順序、接種期間には制限はないが、混合して接種することはできない。

関連問題を解いて理解を深めよう

第102回薬剤師国家試験 問236〜237

-第106回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.