第105回薬剤師国家試験

第105回薬剤師国家試験 問31

第105回薬剤師国家試験 問31

ベンゾジアゼピン骨格を有し、筋弛緩作用に基づく転倒などの副作用が少ない催眠薬はどれか。1つ選べ。

1 クアゼパム
2 ゾルピデム
3 ゾピクロン
4 リルマザホン
5 トリアゾラム

 

 

 

 

解答・解説

解答
1

解説
選択肢のうち、ベンゾジアゼピン骨格を有する催眠薬は、クアゼパムとトリアゾラムである。このうち、クアゼパムは、ベンゾジアゼピン受容体のサブタイプであるω1受容体への選択性が認められており、筋弛緩作用が弱く、ふらつきや転倒などの副作用を起こしにくい。
なお、ゾルピデムは、ベンゾジアゼピン骨格を有していないが、ベンゾジアゼピン受容体のサブタイプであるω1受容体への選択性が認められており、筋弛緩作用が弱く、ふらつきや転倒などの副作用を起こしにくい。

-第105回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.