第96回薬剤師国家試験 問126(改)

第96回薬剤師国家試験 問126(改) 抗うつ薬に関する記述のうち、誤っているのはどれか。2つ選べ。 1 トラゾドンは、セロトニン再取り込み阻害作用とセロトニン5-HT1受容体刺激作用をもつ。 2 ミアンセリンは、ノルアドレナリン再取り込み阻害作用とセロトニン5-HT2A受容体刺激作用をもつ。 3 マプロチリンは、ノルアドレナリン再取り込み阻害作用をもつが、セロトニン再取り込み阻害作用はほとんどない。 4 ミルナシプランは、セロトニン及びノルアドレナリンの再取り込みを選択的に阻害する。 5 パロキセチンは、ノルアドレナリン神経終末の自己受容体を遮断し、ノルアドレナリン遊離を促進する。               解答 2、5 解説 1 正しい トラゾドンは、セロトニンの再取り込みを阻害し、セロトニン神経機能を亢進させる。また、本剤の活性代謝物(m−クロロフェニルピペラジン)は5−HT1受容体部分刺激作用、5−HT2A受容体遮断作用を有する。 2 誤っている ミアンセリンは、アドレナリンα2受容体を遮断し、神経シナプス間隙のノルアドレナリンの遊離を促進する。 3 正しい 4 正しい 5 誤っている パロキセチンは、選択的にセロトニンの再取り込みを阻害し、シナプス間隙のセロトニン濃度を上昇させる。また、反復経口投与により、セロトニン5−HT2C受容体のダウンレギュレーションを起こすことにより抗うつ作用及び抗不安作用を示す。 → Read More

第96回薬剤師国家試験 問27(改)

第96回薬剤師国家試験 問27(改) 固定相としてオクタデシルシリル(ODS)化シリカゲル、移動相としてアセトニトリルと緩衝液(pH3)の混合溶媒を用いて、ベンゼン、トルエン及び安息香酸の分離を液体クロマトグラフィーにより行った。次の記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。ただし、質量分布比をkとする。 1 トルエン、ベンゼン、安息香酸の順に溶出する。 2 移動相中のアセトニトリルの含量を増やすと、ベンゼン、トルエン及び安息香酸のkは大きくなる。 3 ベンゼン、トルエン及び安息香酸の保持には、疎水性相互作用が働いている。 4 移動相中の緩衝液のpHを3から7に変えると、安息香酸のkは小さくなる。             解答 3、4 解説 1 誤 固定相にオクタデシルシリル化シリカゲルを用いていることから、極性の高いものから先に溶出する。そのため、はじめに安息香酸が溶出し、続いてベンゼン、トルエンの順に溶出する。 2 誤 移動相中のアセトニトリルの含量を増やすと、移動相の極性が低下し、ベンゼン、トルエン及び安息香酸は移動相中に移行しやすくなるため、kの値は小さくなる。 3 正 オクタデシルシリル化シリカゲルは、疎水性相互作用により溶質を保持する。 4 正 移動相中の緩衝液のpHを3から7に変えると、安息香酸は分子形が減少し、疎水性相互作用が弱くなるため、安息香酸は移動相へ移行しやすくなる。よって、移動相中の緩衝液のpHを3から7に変えると、安息香酸のkは小さくなる。 → Read More

第96回薬剤師国家試験 問125(改)

第96回薬剤師国家試験 問125(改) 麻酔薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。 1 亜酸化窒素は、酸素欠乏症を起こしやすい。 2 プロポフォールは、麻酔の導入及び覚醒が速やかであり、持続点滴静注することで長時間の麻酔の維持が可能となる。 3 チオペンタールは、代謝及び排泄が速やかなため、作用持続時間が短い。 4 セボフルランは、ハロタンに比べ心筋のカテコールアミンに対する感受性増大作用が強い。 5 全身麻酔薬は、脊髄の抑制に先立って延髄を抑制するものが望ましい。               解答 1、2 解説 1 正 亜酸化窒素(N2O)は、酸素欠乏症を起こしやすいため、使用する際には酸素と併用する。なお、亜酸化窒素(N2O)を使用する際には、呼気中の酸素の濃度を20%以上に保つ必要がある。 2 正 プロポフォールは、麻酔導入と覚醒が速やかであり、経静脈的に全身麻酔の導入、維持に用いられる。 3 誤 チオペンタールは、脂溶性が高く、速やかに脂肪組織などに再分配するため、作用持続時間が短い。 4 誤 セボフルランは、ハロタンに比べ心筋のカテコールアミンに対する感受性増大作用が弱い。 5 誤 全身麻酔薬は、延髄の抑制に先立って脊髄を抑制する不規則性下降性麻痺を示すものが望ましい。 → Read More