単語・用語

no image

オスモル濃度

2020/6/18  

オスモル濃度(m)とは、物質が水に溶けた時の分子、イオンの物質量の濃度を表す単位であり、溶液の束一的性質を考える際の重要な指標となる 非電解質の場合(解離しない場合)、オスモル濃度=モル濃度となり、電 ...

濃淡電池

2020/6/15  

化学電池は、二つの電極のイオン化傾向の違いに基づく電池である。それに対して、二つの半電池の間における物質の移動に基づく電池がある。このような電池を濃淡電池という。濃淡電池については、膜を介して起こる神 ...

ダニエル電池

2020/6/15  

ダニエル電池とは、硫酸亜鉛ZnSO4水溶液に亜鉛板を、硫酸銅(Ⅱ)CuSO4水溶液に銅板を浸し、それぞれ素焼き板などの多孔質壁で仕切った隔室に入れ、亜鉛板と銅板を導線で結んだものである。 また、ダニエ ...

Rf値

2020/6/14  

Rf値とは、薄層クロマトグラフィーの確認試験で用いられる値である。 <Rf値の求め方> 薄層板上の原線に試料をスポットした後、風乾し、その後、展開溶液(移動相)に入れる。 一定の距離を展開後、薄層を取 ...

ニンヒドリン

2020/6/14  

ニンヒドリンはα-アミノ酸と反応して赤紫色を呈するので、アミノ酸の検出、定量に利用される。  

no image

能動輸送

2020/5/14    

能動輸送とは、電気化学ポテンシャル以外のエネルギーを利用する担体介在性輸送のことである。能動輸送では、濃度勾配に逆らった輸送が認められる。 ●一次性能動輸送 ATPの加水分解エネルギーを直接利用する能 ...

no image

pH分配仮説

2020/5/14    

pH分配仮説は、単純拡散による膜透過に関する仮説であり、薬物の生体膜透過について、分子形は脂溶性が高いため脂質二重層を通過できるが、イオン形は水溶性が高いため、脂質二重層を通過できないというものである ...

単純拡散

2020/5/14  

単純拡散(受動拡散)は、物質の基本的な膜透過形式であり、下記に示す特徴を有する。 ・非特異的 ・濃度勾配(電気化学ポテンシャルの差)に従う ・飽和や他の物質との競合現象が認められず、常に一定の膜透過性 ...

パウリの排他原理

2020/5/12  

パウリの排他原理とは、原子中の電子はそれぞれ主量子数n、方位量子数l、磁気量子数m、スピン量子数msが異なるという原理であり、原子中に同じ状態の電子は存在しないことを表している。 ●パウリの排他原理か ...

no image

Lambert−Beerの法則(ランベルトベールの法則)

2020/5/12  

ランベルト・ベールの法則とは、「希薄溶液において、吸光度Aは、層長l、濃度c比例する」とした法則。 A=a・c・l   (a:比例定数) ランベルト・ベールの法則は、吸光現象で成立することから、吸光度 ...

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.