第106回薬剤師国家試験

106回薬剤師国家試験 問200〜201

106回薬剤師国家試験 問200〜201

60歳男性が処方箋を持ってかかりつけの薬局を訪れた。処方箋を受付に渡そうとしたところ、男性は胸を押さえながら床に倒れた。男性に意識はなく、正常な呼吸も確認できなかった。薬剤師は、同僚に119番通報及び自動体外式除細動器 (AED)の手配を依頼し、AED の到着まで胸骨圧迫を開始した。なお、心肺蘇生は日本蘇生協議会ガイドライン2015に基づいて実施した。 

200(実務) 

AED到着後、手順に従い電極を装着し、機器による判定の後、薬剤師は電気ショックを実施した。電気ショック後に行うべきことはどれか。1選べ。 

  1. 呼吸が再開するまで手を触れずに待つ。
  2. 安全のために AED の電源を切る。
  3. AED の電極パッドを、次の電気ショックに備えて交換する。
  4. 別の AED を持ってくるように依頼する。
  5. 胸骨圧迫を再開する。 

 

 

解答・解説

解答
5

解説
1 誤
AEDによる心電図解析を行う時と電気ショックを行う時は、傷病者に触れないようにする。

2 誤
救急隊員の指示があるまで、AEDの電源を切らない。

3 誤
次の電気ショックに備えてAED の電極パッドを交換するはない。 

4 誤
AEDは繰り返し使用することが可能であるため、再び電気ショックを与えるために別のAEDを持ってくる必要はない。

5 正
電気ショック後、心拍を取り戻すために胸骨圧迫を再開する必要がある。

201(物理・化学・生物)
この傷病者に用いた AED の1回の電気パルスの平均電圧は1,000 V、平均電流 は15A、通電時間は 10 ms であった。 1回のパルスが傷病者に与える仕事の大きさに最も近い値はどれか。1選べ。傷病者に取り付けた電極間の抵抗は67Ωとする。 

  1. 2.2 mJ
  2. 150 mJ
  3. 2.2 J
  4. 150 J
  5. 223 J

 

 

解答・解説

解答
4

解説
AEDの電気ショックによる仕事の大きさ(J)
=電力(W)×時間(s)
=電流(A)×電圧(V)×時間(s)
=15A×1,000V×10ms
=15A×1,000V×10×10-3s=150J

-第106回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.