第99回薬剤師国家試験

第99回薬剤師国家試験 問132

第99回薬剤師国家試験 問132

A及びBの条件をともに満たす薬物はどれか。1つ選べ。
A:覚せい剤取締法により覚せい剤に指定されている。
B:シモン反応陽性である。

 

 

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2


解説
1 誤
フェニルプロパノールアミンの構造である。フェニルプロパノールアミン(50%以下を含有するものを除く)は、覚せい剤取締法により、覚せい剤原料に指定されている。
2 正
メタンフェタミンの構造である。メタンフェタミンは、覚せい剤取締法により、覚せい剤に指定されており、シモン反応陽性を示す。
3 誤
エフェドリンの構造である。エフェドリン(10%以下を含有するものを除く)は、覚せい剤取締法により、覚せい剤原料に指定されている。
4 誤
アンフェタミンの構造である。アンフェタミンは、覚せい剤取締法により、覚せい剤に指定されているが、シモン反応陽性を示さない。
5 誤
メチルエフェドリンの構造である。メチルエフェドリン(10%以下を含有するものを除く)は、覚せい剤取締法により、覚せい剤原料に指定されている。

-第99回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.