第98回薬剤師国家試験 問133

カドミウムに関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 現在、我が国で収穫された米からカドミウムは検出されなくなっている。
 ヒトにおけるカドミウムの消化管吸収率は、およそ90%である。
 体内に吸収されたカドミウムは、メタロチオネインと結合することにより毒性が高まる。
 カドミウムは、国際がん研究機関(IARC)において、ヒトに対する発がん性がある化学物質に分類されている。
 カドミウムの主要な慢性毒性は、腎近位尿細管障害である。

 

 

 


解説

1 誤
米にはカドミウムが蓄積しやすく、我が国で収穫された米1 kg中には平均してカドミウムが0.06 mg程度含まれている。
2 誤
ヒトにおけるカドミウムの消化管吸収率は、2〜6%程度である。
3 誤
体内に吸収されたカドミウムは、メタロチオネインと結合することにより毒性が軽減する。メタロチオネインは、分子量約6000〜7000の低分子タンパク質であり、重金属に結合することでその毒性を抑制する。
4 正
国際がん研究機関(IARC)では、発がんの原因と考えられる物質について、その発がん性の程度により5つのグループに分類している。カドミウムは、国際がん研究機関(IARC)において、ヒトに対する発がん性がある化学物質(グループ1)に分類されている。
5 正
カドミウムを慢性的に摂取することにより、腎近位尿細管障害が現れる。それにより、カルシウムの再吸収やビタミンDの活性化が阻害され、骨軟化症が引き起される。


解答

4、5

第98回 問133 PDF

第98回 問134

1 thought on “第98回薬剤師国家試験 問133

  1. ピンバック: 第98回薬剤師国家試験 問132 | yakugaku lab

コメントは停止中です。