第94回薬剤師国家試験

第94回薬剤師国家試験 問20(改)

第94回薬剤師国家試験 問20(改)

電解質溶液の導電率に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 KClのモル導電率は、濃度に対して直線的に減少する。
2 KClの極限モル導電率は、構成イオンの極限モル導電率の差で表される。
3 KClのモル導電率がLiClのモル導電率より大きいのは、LiがKより強く水和しているため、Liの移動が抑えられているからである。
4 Hの極限モル導電率は、金属イオンの極限モル導電率より大きい。

 

 

 

 

 

 

 


解答
3、4


解説
1 誤
KClなどの強電解質のモル伝導率は、濃度の平方根に対して直線的に減少する。
2 誤
KClの極限モル導電率は、構成イオンの極限モル導電率の和で表される。
3 正
アルカリ金属イオンにおけるモル伝導率の大小関係は、Li<Na<Kとなっており、イオン結晶半径が大きいほど値が大きくなっている。通常、小さいイオンほど水中を移動しやすく、モル伝導率が大きくなると予想されるが、実際には順序が逆となっている。この理由としては、Li、Na、Kは同じ電荷をもっていてもイオン自身の大きさが小さいほど、その周囲の電場が強くなり極性をもつ水分子が強く引き寄せられ(水和し)見かけ上大きいイオンとなって移動するためである。
4 正
HとOHの極限モル伝導率は、他のイオンに比べ大きな値を示す。HとOHが大きな値を示す理由は、水素結合の生成と切断を通じて、水中を移動するためである。

-第94回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.