第88回薬剤師国家試験

第88回薬剤師国家試験 問229(改)

第88回薬剤師国家試験 問229(改)

放射性医薬品に関する記述のうち、誤っているのはどれか。2つ選べ。

1 放射性医薬品は、放射性医薬品基準に規定されるとともに、すべて日本薬局方に収載されている。
2 過テクネチウム酸ナトリウム(核種:99mTc)注射液は、脳腫瘍および脳血管障害の診断に用いられる。
3 塩化インジウム(核種:111In)注射液は、副甲状腺疾患の診断に用いられる。
4 ヨウ化ナトリウムカプセルの核種には、2種類(123I及び131I)あるが、甲状腺機能亢進症や甲状腺癌の治療には半減期が長い131I標識体が使用される。
5 塩化タリウム注射液の核種201Tlは、心筋シンチグラムによる心臓疾患の診断に使用される。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、3

解説

1 誤っている
放射性医薬品とは、①又は②のどちらかの条件を満たす。
①:日本薬局方又は放射性医薬品基準及び体外診断用放射性医薬品標識成分規格集に収載されている品目。②:診断又は治療の目的で人体に適用するもので、厚生労働大臣の製造若しくは輸入承認を受けた医薬品、治験用医薬品を含む。
上記より、放射性医薬品はすべて日本薬局方に収載されているわけではない。
2 正しい
3 誤っている
塩化インジウム(核種:111In)注射液は、再生不良性貧血などの骨髄疾患の診断に用いられる。
4 正しい
131Iは、β線とγ線両方を放出するため、甲状腺機能亢進症や甲状腺癌の治療に使用され、123Iは、γ線のみを放出するため、甲状腺機能検査に使用される。
5 正しい

-第88回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.