MENU
業界最安値、最高の講義、未来を切り拓く教育体験❕ クリック

第109回薬剤師国家試験 問169 抗悪性腫瘍薬

抗悪性腫瘍薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

  1. シタラビンは、標的細胞で三リン酸化体となり、DNAポリメラーゼを阻害して、DNA合成を低下させる。
  2. テガフールは、活性代謝産物が活性酸素を発生させて、DNAを酸化的に傷害する。
  3. フルダラビンは、トポイソメラーゼIを阻害して、がん細胞のG2期への移行を抑制する。
  4. ドキソルビシンは、DNAポリメラーゼ及びRNAポリメラーゼを阻害して、DNA及びRNAの合成を低下させる。
  5. アファチニブは、血管内皮細胞増殖因子受容体(VEGFR)チロシンキナーゼを阻害して、血管新生を抑制する。
解答・解説

解答
1、4

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次