MENU
業界最安値、最高の講義、未来を切り拓く教育体験❕ クリック

第109回薬剤師国家試験 問152 末梢性筋弛緩薬

末梢性筋弛緩薬に関連した記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

  1. スキサメトニウムは、アセチルコリンNM受容体に作用して、運動神経終末を持続的に脱分極させる。
  2. スガマデクスは、ロクロニウムによる筋弛緩を回復させる。
  3. ベクロニウムの筋弛緩作用は、ネオスチグミンを併用することで増強される。
  4. ダントロレンは、 骨格筋のリアノジン受容体に作用して、 筋小胞体からのCa2遊離を抑制する。
  5. A型ボツリヌス毒素は、電位依存性Naチャネルを遮断して、運動神経の興奮伝導を抑制する。
解答・解説

解答
24

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次