第107回薬剤師国家試験

第107回薬剤師国家試験 問290〜291

58歳男性。身長162cm、体重88kg。10年前から健康診断で、高血圧及び高血糖を指摘されていたが放置していた。喫煙歴30年(1日10本程度)、20歳ごろよりビール大びん2本と日本酒1合程度をほぼ毎日飲酒していた。数ヶ月前より、全身倦怠感が次第に強くなってきているのを自覚していたが、本日、外出中に駅の階段で動けなくなり、救急搬送された。

(来院時の所見及び検査値)
意識は清明であり、四肢に運動・感覚障害は認めない。
血圧190/110mmHg、心拍数72拍/分、AST 210 IU/L、ALT 150 IU/L、γ–GTP 175 IU/L、血清クレアチニン値0.71 mg/dL、血清浸透圧 300 mOsm/L、血糖値 310 mg/dL、HbA1c 10.5%(NGSP値)、尿糖(3+)、尿中アルブミン正常、尿蛋白(-)、尿中ケトン体(3+)、浮腫(-)

問290(病態・薬物治療)
この患者に起きている状況として、考えられるのはどれか。2つ選べ。

  1. 高血圧緊急症
  2. くも膜下出血
  3. 糖尿病性腎症
  4. 高浸透圧高血糖症候群
  5. 糖尿病性ケトアシドーシス

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、5

解説
1 正
高血圧緊急症とは、血圧の高度の上昇により、脳、心臓、腎臓、大血管などに急性障害が生じる状態のことである。血圧が190/110mmHg であることから、高血圧緊急症の可能性がある。

2 誤
意識鮮明であり、四肢に運動・感覚障害が認められていないことから、くも膜下出血の可能性は低い。

3 誤
血清クレアチニン値0.71 mg/dLが基準値範囲内、尿蛋白(-)であることから、糖尿病性腎症の可能性は低い。

4 誤
血清浸透圧 300 mOsm/Lが基準値範囲内であることから、高浸透圧高血糖症候群の可能性は低い。

5 正
血清浸透圧 300 mOsm/L、血糖値 310 mg/dL、HbA1c 10.5%(NGSP値)、尿糖(3+)、
尿中ケトン体(3+)であり、全身倦怠感を自覚していることから糖尿病ケトアシドーシスの可能性がある。

問291(実務)
上記患者は、1ヶ月の入院加療後退院し、以下の処方で通院治療を続け、3年が経過した。

 運動療法及び食事療法も指導されたとおり実践しており、処方された薬剤は指示どおり服薬していたが、飲酒はやめられないと話している。今回の検査で以下の結果となり、再教育のため入院となった。
(所見及び検査値)
入院時体重68kg、血圧140/85mmHg、心拍数70拍/分、AST 35IU/L、 ALT 42IU/L、γ–GTP 162IU/L、血清クレアチニン値 2.6mg/dL、空腹時血糖値180mg/dL、HbA1c 8.2%(NGSP値)、尿糖(+)、尿蛋白(2+)、尿中ケトン体(-)、下肢浮腫(-)

この患者に対する処方提案のうち、適切なのはどれか。2つ選べ。

  1. メトホルミンの増量
  2. シタグリプチンをリナグリプチンに変更
  3. フロセミドの追加
  4. テルミサルタンの追加
  5. アムロジピンの増量

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、4

解説
血清クレアチニン値が 2.6mg/dLと高い値を示しているため、腎機能低下を考慮した薬剤を選択する必要がある。

1 誤
メトホルミン塩酸塩は、中等度以上の腎障害患者に投与すると、排泄減少により副作用である乳酸アシドーシスのリスクが増大するため、メトホルミンの増量は不適切である。

2 正
腎排泄型のシタグリプチンを胆汁排泄型のリナグリプチンに変更することは適切である。

3 誤
下肢の浮腫などの体液貯留が認められていないため、フロセミドを追加することは不適切である。

4 正
血圧が140/85 mmHgとコントロール不良であるため、胆汁排泄型アンギオテンシンⅡAT1受容体遮断薬(ARB)のテルミサルタンを追加することは適切である。

5 誤
アムロジピンベシル酸塩は、効果不十分な場合、1日1回10mgまで増量することが可能であるとされている。本症例ではアムロジピンベシル酸塩を1日1回10mg服用しているため、これ以上増量することは不適切である。

-第107回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.