第107回薬剤師国家試験

第107回薬剤師国家試験 問194

EBMの実践に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. 最初のプロセスは「問題解決のための情報収集」である。
  2. 情報を効率的に収集するために、一次資料の調査から開始する。
  3. PICO又はPECOと呼ばれる4つの要素(Patient、Intervention/Exposure、Comparison、Outcome)を用いて問題の定式化を行う。
  4. 論文等に示された研究成果の正確度や再現性を確認することを、内的妥当性の評価という。
  5. 割りつけられた治療を完遂できず脱落した者を除いた解析はITT(intention–to–treat)解析という。

 

 

 

解答・解説

解答
3、4

解説
1 誤
EBMの最初のプロセスは、「患者の問題の定式化」であり、その後「問題解決のための情報収集」、「得られた情報の比較的吟味」、「情報の患者への適用」「これまでのプロセスの評価」と続く。

2 誤
情報の効率的に収集するためには、一次資料を検索することができるようにデータベース化された二次資料から行う。

3 正
PICO、PECOは問題を定式化するための手法である。

4 正:内的妥当性(研究内部の妥当性)の評価では、得られた情報が本当の正しいものであるか、信用できるものであるかを吟味する。なお、外的妥当性の評価では、得られた情報を目の前の患者にどのように適用するかを考える。

5 誤:ITT(intention–to–treat)解析では、脱落したものも全て含めて解析を行う。

-第107回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.