第106回薬剤師国家試験

第106回薬剤師国家試験 問60

続発性副甲状腺機能低下症の治療に用いられるのはどれか。1選べ。

  1. アルファカルシドール
  2. エルカトニン
  3. チアマゾール
  4. ブロモクリプチン塩酸塩
  5. プレドニゾロン

 

 

 

解答・解説

解答
1

解説
続発性副甲状腺機能低下症では、副甲状腺ホルモン(パラトルモン)の分泌が低下し、低カルシウム血症、高リン血症が認められる。続発性副甲状腺機能低下症(頸部の手術や放射線療法により副甲状腺の機能が低下)に対する治療では、低カルシウム血症を改善する目的で活性型ビタミンD3製剤(アルファカルシドールなど)、カルシウム製剤(グルコン酸カルシウム水和物など)が用いられる。

-第106回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.