第106回薬剤師国家試験

第106回薬剤師国家試験 問341

第106回薬剤師国家試験 問341

73歳男性。身長168cm、体重51kg。食欲不振、不眠、軟便の訴えがあった。本日患者宅を訪問し、フィジカルアセスメントを実施した。四肢は温かく、明らかな口腔内の乾燥や脱水の症状はなかった。呼吸回数は20回/分、血圧は120/75mmHg、脈拍は110回/分であった。現在の処方及び血液検査結果は以下のとおりであった。医師への提案として、最も適切なのはどれか。1つ選べ。

(血液検査結果) 
BUN17.2mg/dL、血清クレアチニン値0.82mg/dL、AST24IU/L、ALT15IU/L、総ビリルビン1.07mg/dL、
血清アルブミン3.1g/dL、 コリンエステラーゼ(ChE)240U/L 

  1. シムビコートタービュヘイラーを1回1吸入から2吸入に変更
  2. 5%ブドウ糖注射液の投与
  3. テオフィリンの休薬と血中濃度測定
  4. 生理食塩液の投与
  5. プロプラノロール塩酸塩10mgの投与

 

 

 

 

解答・解説

解答
3

解説 
本患者が訴えている症状(食欲不振、不眠)および脈拍数の増加よりテオフィリンの中毒症状が現れている可能性があるため、テオフィリンの休薬と血中濃度測定を医師に提案することが適切である。

-第106回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.