第106回薬剤師国家試験

第106回薬剤師国家試験 問337

第106回薬剤師国家試験 問337

眼瞼痙れんの診断によりA型ボツリヌス毒素製剤の治療が開始となった。そこで、使用経験のある薬剤師が未経験の薬剤師に、その薬剤調製時の注意事項について指導することになった。本剤の取扱いについて、適切なのはどれか。2選べ。 

  1. 溶解前は常温に保存する。
  2. 保存剤を含んでいないが、溶解後3日以降も使用できる。
  3. 溶解後の保存は冷凍を避ける。
  4. 残った薬液は、次亜塩素酸ナトリウム溶液を加えて失活させる。
  5. 溶解時に激しく攪拌し、泡立てると効果が増強するので避ける。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3、4

解説
1 誤
本剤は5℃以下で保存する必要がある。
2 誤
本剤には保存剤が含まれていないので、調整後は速やかに使用する。
3 正
調整後は凍結させない。
4 正
残った薬液は、0.5%次亜塩素酸ナトリウムを加えて失活させた後、密閉可能な廃棄袋または箱に廃棄する。
5 誤
溶解時には、変性する(効果が減弱する)ため、泡立ちや激しい攪拌を避ける。

-第106回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.