第106回薬剤師国家試験

第106回薬剤師国家試験 問316〜317(実践問題) 散剤の計算 ヒヤリハット

新人薬剤師の導入研修で、以下の処方を題材として提示した。患者は、2歳女児。体重12kg。各成分の添付文書等による1回の適正使用量(成分量)は【表1】のとおりとする。

問 316(実務)
用量が適切でないため疑義照会すべき薬剤はどれか。2つ選べ。

  1. テオフィリンドライシロップ20%
  2. クラリスロマイシンドライシロップ10%
  3. 耐性乳酸菌製剤散100%
  4. カルボシステインドライシロップ50%
  5. クレマスチンドライシロップ0.1%

解答・解説

解答
1、5

解説
1 疑義照会すべき
 テオフィリンドライシロップ20%(200mg/g)が1回量0.90g(180mg)が処方されている。本患者は体重12kgであり、【表1】よりテオフィリンドライシロップ20%の1回量は0.24g(48mg)が適量であるため、疑義照会すべきである。

2 疑義照会不要
 クラリスロマイシンドライシロップ10%(100mg/g)が1回量0.60g(60mg)が処方されている。本患者は体重12kgであり、【表1】よりクラリスロマイシンドライシロップ10%の1回量0.60g(60mg)が適量であるため、疑義照会は不要である。

3 疑義照会不要
 耐性乳酸菌製剤散100%(1000mg/g)が1回量0.28g(280mg)が処方されている。本患者は体重12kgであり、【表1】より耐性乳酸菌製剤散100%の1回量0.276g(276mg)が適量であるため、疑義照会は不要である。

4 疑義照会不要
 カルボシステインドライシロップ50%(500mg/g)が1回量0.24g(120mg)が処方されている。本患者は体重12kgであり、【表1】よりカルボシステインドライシロップ50%の1回量0.24g(120mg)が適量であるため、疑義照会は不要である。

5 疑義照会すべき
 クレマスチンドライシロップ0.1%(1mg/g)が1回量0.90g(0.9mg)が処方されている。本患者は体重12kgであり、【表1】よりクレマスチンドライシロップ0.1%の1回量0.192g(192µg=0.192mg)が適量であるため、疑義照会すべきである。

問 317(法規・制度・倫理)
 この処方どおりに薬剤を提供した後に疑義に気が付き、医師に照会した結果、用量が適切ではないことが判明した場合、薬剤師がとるべき対応として、適切でないのはどれか。1つ選べ。

  1. 患児の家族に連絡して、次回の診察までは薬をこのまま服用させるよう指導する。
  2. 他にも同様の事例がないか薬局内で確認する。
  3. 事例に関して、事実を経時的に整理して記録する。
  4. 再発防止のため、指針の見直しや従事者が行う対策を検討する。
  5. 公益財団法人日本医療機能評価機構に、ヒヤリ・ハット事例として報告を行う。

解答・解説

解答

解説
 薬剤を提供した後に疑義に気が付いた場合には、迅速に処方医に疑義照会を行い、処方内容に変更があった場合には、患者に連絡し薬剤を変更するなど適切な対応を行う。

-第106回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.