第106回薬剤師国家試験

第106回薬剤師国家試験 問31

第106回薬剤師国家試験 問31

シクロオキシゲナーゼ−1(COX−1)と比較して COX−2に対する選択性が高く、胃腸障害が少ない非ステロイド性抗炎症薬はどれか。1選べ。

  1. エトドラク
  2. ジクロフェナク
  3. ロキソプロフェン
  4. スリンダク
  5. オキサプロジン

 

 

 

 

解答・解説

解答
1

解説
●シクロオキシゲナーゼのアイソザイム(COX–1、COX–2)
COXにはCOX–1とCOX–2というアイソザイムがあり、COX–1は全身組織に分布し、COX–2は主に炎症部位に発現する
COX–1を阻害すると胃腸障害、腎障害、出血傾向が現れ、COX–2を阻害すると抗炎症作用、鎮痛作用が現れる
選択的にCOX–2を阻害する薬(エトドラク、メロキシカム、セレコキシブなど)は、非選択的COX阻害薬に比べ、胃腸障害、腎障害、出血傾向が現れにくい

-第106回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.