第106回薬剤師国家試験

第106回薬剤師国家試験 問292〜293

 13歳女児。身長127 cm、体重23 kg。多飲、多尿、口喝と1ヶ月に3kgの体重減少があった。ある朝、全身倦怠感、下痢、嘔吐があり、意識障害となったため母親が救急車を要請し、病院に搬送された。1型糖尿病と診断され入院となった。搬送時の検査データを下に示す。
(検査値)
血糖値770 mg/dL、尿糖(4+)、尿蛋白(-)、尿中ケトン体(4+)、Na 132.0 mEq/L、K 4.2 mEq/L、動脈血液ガスpH 7.1、HCO3 9.0 mEq/L

 

問 292(病態・薬物治療)
この患児の病態及び検査に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. インスリン過剰状態にある。
  2. アルカローシスによって、血中重炭酸イオンの減少がみられる。
  3. 高血糖により脂肪分解が抑制されている。
  4. 呼気中にアセトン臭が認められる。
  5. Glutamic acid decarboxylase(GAD)抗体が陽性である可能性が高い。

 

 

 

解答・解説

解答
4、5

解説
1 誤
1型糖尿病と診断されているため、インスリン不足状態にあると考えられる。

2 誤
動脈血液ガスpH 7.1であり、基準値(pH 7.35〜7.45)よりも低値を示しているため、アシドーシス状態のあると推察される。インスリン不足すると、脂質分解によるエネルギー産生を亢進させるため、血液中にケトン体が増加し、血液が酸性に傾く(この状態を糖尿病性ケトアシドーシスという)。糖尿病性ケトアシドーシスでは、プロトンを中和するために、重炭酸イオンが消費されるため、血中重炭酸イオンの減少が認められる。

3 誤:解説2参照

4 正
糖尿病性ケトアシドーシス状態では、ケトン体のうちアセトンが呼気中に排泄されやすくなるため、呼気中にアセトン臭が認められる。

5 正
1型糖尿病では、膵ランゲルハンス島細胞に対する自己抗体(Glutamic acid decarboxylase(GAD)抗体:グルタミン酸脱炭酸酵素抗体)が検出されることが多い。

問 293(実務)
この患児への初期対応として適切なのはどれか。2つ選べ。

  1. ジペプチジルペプチダーゼ–4(DPP–4)阻害薬の経口投与
  2. インスリンの点滴静注
  3. グルコン酸カルシウムの点滴静注
  4. 生理食塩液の点滴静注
  5. 5 %ブドウ糖注射液の点滴静注

 

 

 

解答・解説

解答
2、4

解説
本症例では、糖尿病性ケトアシドーシス呈しているため、過剰なケトン体の生成を抑制する目的でインスリンの点滴静注を行う。また、血漿浸透圧上昇に伴う脱水状態により体内の水分、Naの欠乏を生じるため、水分、Naを補う目的で生理食塩液の点滴静注を行う。

-第106回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.