第106回薬剤師国家試験

第106回薬剤師国家試験 問224〜225

第106回薬剤師国家試験 問224〜225

65歳男性。身長170cm、体重65kg。eGFRは42mL/min/1.73m2である。悪性リンパ腫のため、R-CHOP療法(リツキシマブ、シクロホスファミド、ドキソルビシン、ビンクリスチン、プレドニゾロン)の1コース目を施行したところ、7日後に38℃の発熱がみられた。その際の検査値は次のとおりであった。
赤血球数350×104/μL、Hb11.2g/dL、Ht32%、白血球数480/μL(好中球63%、好酸球6%、好塩基球2%、単球14%、リンパ球15%)、血小板数9.8×104/μL、CRP5.0mg/dL
そこで、主治医は2コース目のR−CHOP療法を施行するにあたり、1コース目と同じ症状が現れた際に、フィルグラスチムを併用することを検討している。

問224(物理・化学・生物)
フィルグラスチムを検討する理由として、正しいのはどれか。1つ選べ。

  1. 骨髄での赤血球への分化を促し、R–CHOP療法の副作用である貧血を防ぐ。
  2. 血液中の血小板の破壊を抑制し、打撲等による出血を防ぐ。
  3. 骨髄での好中球への分化を促し、細菌感染を防ぐ。
  4. 骨髄での好酸球への分化を抑制し、アレルギーの発症を防ぐ。
  5. 肝臓でのCRPの産生を抑制し、過剰な炎症を抑える。

 

 

 

解答・解説

解答
3

解説
フィルグラスチムは、顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)製剤であり、顆粒球系前駆細胞に作用し、好中球を増加させるため、癌化学療法時における好中球減少症に用いられる。

問225(実務)
本症例にフィルグラスチムが処方された際の注意点として正しいのはどれか。2つ選べ。

  1.  R–CHOP療法施行の前日に、1日1回皮下注する。
  2. R–CHOP療法施行の翌日以降、1回24時間の持続静注を開始する。
  3. R–CHOP療法施行の翌日以降、1日1回皮下注を開始する。
  4. 副作用として骨痛や腰痛等が現れた場合は、非麻薬性鎮痛薬を投与する
  5. 本症例は腎機能が低下しているため、投与量を減量する必要がある。

 

 

 

 

解答・解説

解答
3、4

解説
R–CHOP療法後の好中球減少症に対して、フィルスチグラムを使用する場合、通常、がん化学療法剤投与終了後(翌日以降)から1日1回皮下投与する。(出血傾向等により皮下投与が困難な場合は、1日1回静脈内投与(点滴静注を含む)をする)。なお、フィルグラスチムのような分子量の大きな医薬品を皮下投与した場合、毛細血管に移行しにくく、リンパ管系を通じて全身循環に移行するため、点滴静脈内投与よりも持続的な吸収が期待できる。また、本剤の副作用として、骨痛や腰痛等が現れた場合には、非麻薬性鎮痛薬を投与するなど適切な処置を行うこととされている。

-第106回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.