第106回薬剤師国家試験

第106回薬剤師国家試験 問208〜209

第106回薬剤師国家試験 問208〜209

65歳女性。 2日ほど前から、下腹部の痛みを感じ、皮疹が発現したため、 かかりつけ医を受診したところ、帯状疱疹と診断された。以下の処方が出され、処方箋を持って薬局を訪れた。面談で「1日5回飲むのは大変で飲み忘れると思う」 と訴えがあった。

 

この患者は、この薬局をかかりつけとして日頃から利用していたので、薬歴を確認したところ、 3年前にも帯状疱疹でバラシクロビル塩酸塩錠500mgを服用しており、1日3回服用でもアドヒアランスが良好ではなかったことが判明した。そこで、薬剤師は医師に連絡をとり、アドヒアランスが不良となる可能性があることを 伝え、 1日1回のアメナメビル錠への変更を提案したところ、承諾を得たので、以下の処方に変更し、患者に服薬指導した。

 

問 208(実務)
薬剤師がこの患者に指導した内容について SOAP形式で薬剤服用歴管理記録に記載した。(S)、(O)、(A)、(P)の項目と対応する内容の組合せとして、正しいのはどれか。1つ選べ。 

  1.  P:薬歴(3年前)に帯状疱疹でバラシクロビル塩酸塩錠 500 mgを服用しており、 1日3回でもアドヒアランスが不良であった。
  2. O:1日5回飲むのは大変で忘れると思う。
  3. S:医師にアシクロビル錠 400mg 1日5回から、アメナメビル錠1日1回へ処方変更の提案をしたところ承諾を得た。
  4. A:アシクロビル錠400mg1日5回から、 1日1回投与のアメナメビル錠が最適と判断した。
  5. S:患者にアシクロビル錠400mg 1日5回から、アメナメビル錠 1日1回へ変更になったことについて説明し、 1回2錠を 1日1回朝食後に飲むよう指導した。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
4 

解説
1 誤
薬歴から確認している内容であるため、Oに記載する。

2 誤
患者の訴えであるため、Sに記載する。

3 誤
疑義照会した内容として薬歴に記載する。

4 正
薬剤師の評価、分析した結果であるため、Aに記載する。

5 誤
指導した内容であるため、Pに記載する。

問 209(物理・化学・生物) 
次のア~ウは、この患者に対して検討されたアシクロビル、バラシクロビル、アメナメビルの構造式のいずれかを示す。これらの薬物に関する記述のうち、誤っているのはどれか。1つ選べ。 

  1.  アはイのプロドラッグであり、イに比べて 1日の服用回数が少ない。
  2. ア及びイの構造に含まれる核酸塩基はグアニンである。
  3. ア~ウはすべて塩基性官能基をもつ。
  4. ウは DNA 複製の基質として取り込まれ、ウイルス DNA 鎖の伸長を阻害する。
  5. 今回最初に処方された薬物イが最終的にウに変更された。

 

 

 

 

解答・解説

解答 

解説
ア:バラシクロビル イ:アシクロビル ウ:アメナメビル

1 正しい
ア(バラシクロビル)はイ(アシクロビル)のプロドラッグであり、消化管における吸収が良好であるため、イ(アシクロビル)に比べて 1日の服用回数が少ない。

2 正しい
ア(バラシクロビル)及びイ(アシクロビル)の構造に含まれる核酸塩基はグアニンである。

3 正しい

 

4 誤っている
ウ(アメナメビル)は、ヘリカーゼ・プライマーゼ複合体の酵素活性を阻害することによりウイルスDNAの複製を阻害する。なお、DNA 複製の基質として取り込まれ、ウイルス DNA 鎖の伸長を阻害するのは、ア(バラシクロビル)およびイ(アシクロビル)である。

5 正しい
今回最初に処方された薬物イ(アシクロビル)が最終的にウ(アメナメビル)に変更された。

-第106回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.