第106回薬剤師国家試験

第106回薬剤師国家試験 問187

慢性腎臓病の病態と治療に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。 

  1. 腎機能障害又は腎機能低下が3ヶ月以上持続する状態である。
  2. 合併症として貧血がある。
  3. 低張尿となる。
  4. 尿毒症の症状改善にラクツロースを内服する。
  5. 尿毒症状の発症を抑制するために、タンパク質を積極的に摂取させる。

 

 

 

解答・解説

解答
1、2

解説
1 正
慢性腎臓病(CKD:chronic kidney disease)とは、推算糸球体濾過量(eGFR)が60mL/分/1.73m2未満の腎機能低下、あるいはタンパク尿など腎機能障害を示唆する所見が3ヶ月以上持続する状態である。

2 正
腎機能低下に伴い、赤血球の産生に関与するエリスロポエチンの産生が低下するため、慢性腎臓病では貧血を合併することがある。

3 誤
腎機能低下に伴い、尿細管機能が低下し、等張尿となる。

4 誤
尿毒症の症状改善には、球形吸着炭が用いられる。なお、ラクツロースは、高アンモニア血症に伴う精神神経障害、手指振戦、脳波異常の改善に用いられる。

5 誤
タンパク質を多く摂取すると、糸球体内圧が上昇し、腎機能の低下が進行する。そのため、CKD患者の食事療法として、低タンパク食が推奨される。

-第106回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.