第106回薬剤師国家試験

第106回薬剤師国家試験 問181

第106回薬剤師国家試験 問181

表は、ジアゼパム注射剤の組成と性状を示す。

本剤に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。 

  1. ベンジルアルコールは、浸透圧を調整するために添加されている。
  2. 本剤は、最終滅菌法で滅菌できる。
  3. 本剤は、日本薬局方のアルコール数測定法の適用を受ける。
  4. プロピレングリコールと無水エタノールは、コソルベントとして添加されている。
  5. 本剤は、著しく高張であるため、生理食塩液で希釈して使用する必要がある。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、4

解説
1 誤
ベンジルアルコールは、微生物の繁殖および微生物による変質を防止するために添加されている。
2 正
ジアゼパムは熱に比較的安定な医薬品であるため、最終滅菌法で滅菌できる。
3 誤
本剤は、注射剤であるため、日本薬局方のアルコール数測定法の適用を受けない。なお、日本薬局方のアルコール数測定法の適用を受ける製剤は、チンキ剤、酒精剤である。
4 正
コソルベントとは、水に不溶性の物質を溶かすために用いられる溶媒のことである。本剤は、ジアゼパムが水に溶けにくいから、コソルベントとしてプロピレングリコールと無水エタノールが添加されている。
5 誤
本剤を希釈すると、コソルベントの溶解能が低下し沈殿を生じることがあるため、希釈を行わず、単独で投与する。なお、本剤は高張であり、急速に静脈内に注射すると血栓性血管炎を起こすおそれがあるため、できるだけ緩徐に注射する必要がある。

-第106回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.