第106回薬剤師国家試験

第106回薬剤師国家試験 問180

第106回薬剤師国家試験 問180

乳剤及び懸濁剤に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。 

  1. バンクロフト(Bancroft)の経験則によると、親油性の乳化剤を添加するとw/o型乳剤が形成されやすい。
  2. 一般に、分散相が凝集した乳剤は、振り混ぜると容易に再分散される。
  3. 懸濁剤において、粒子が凝集沈降を起こし、再分散が困難な強固な凝集体を形成することをケーキングという。
  4. 一般に、乳剤の外相に内相を加えて両相の容積が等しくなったとき、外相と内相が逆転する転相を起こす。
  5. 乳剤のクリーミングは、内相が浮上又は沈降する現象であり、可逆的である。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、5

解説
1 正
バンクロフト(Bancroft)の経験則とは、「乳化剤の溶けやすい液相が乳剤の外相となりやすい」という経験則である。このことから、親油性の乳化剤を添加すると、外相が油であるw/o型乳剤が形成されやすい。
2 誤
乳剤を放置すると、分散層が凝集した状態(合一)を起こすことがある。一般に、合一を起こした乳剤は、振り混ぜても容易に再分散されない。
3 誤
懸濁剤において、粒子が自由沈降(懸濁粒子が凝集することなく独立した状態で沈降すること)を起こし、再分散が困難な強固な沈積体を形成することをケーキングという。
4 誤
一般に、乳剤の外相に内相を加えて内相の容積が74.02%を超えた時、外相と内相が逆転する転相を起こす。
5 正
クリーミングとは、内相が浮上(沈降)した状態であり、振とうすることで再分散可能である(可逆的である)。

-第106回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.