第106回薬剤師国家試験

第106回薬剤師国家試験 問164

第106回薬剤師国家試験 問164

消化器系に作用する薬物に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. ナファモスタットは、外分泌腺から分泌された消化酵素を阻害して、膵臓の自己消化を抑制する。
  2. ウルソデオキシコール酸は、カテコール-O-メチルトランスフェラーゼ (COMT)を阻害して、Oddi 括約筋を弛緩させ、胆汁分泌を抑制する。
  3. アスナプレビルは、C 型肝炎ウイルスの NS5A 複製複合体を阻害して、抗ウイルス活性を示す。
  4. ペグインターフェロン アルファ-2αは、免疫細胞を活性化して、ウイルス感染細胞を傷害する作用により、B 型及び C型肝炎ウイルスの増殖を抑制する。
  5. エンテカビルは、ウイルスの増殖に必要なNS3/4Aプロテアーゼを阻害して、 B型肝炎ウイルスの増殖を抑制する。

 

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、4

解説
1 正
ナファモスタットは、膵臓の外分泌腺から分泌されるタンパク分解酵素であるトリプシンの活性を阻害し、膵臓の自己消化を抑制する。
2 誤
ウルソデオキシコール酸は、胆汁分泌を促進し、胆汁うっ滞改善作用を示す。なお、カテコール-O-メチルトランスフェラーゼ (COMT)を阻害して、Oddi 括約筋を弛緩させる薬として、フロプロピオンがある。
3 誤
アスナプレビルは、NS3/4Aセリンプロテアーゼを阻害し、非構造タンパク質の切断を阻害する。
4 正
ペグインターフェロン アルファ-2αは下記の作用を示す

  • 2',5'オリゴアデニル酸の合成を促進し、ウイルスRNAの分解を促進す
  • 二本鎖RNA依存性プロテインキナーゼを誘導し、ウイルスタンパク質の翻訳を阻害する
  • 免疫細胞を活性化し、ウイルス感染細胞を傷害する
  • 抗ウイルス作用を示すタンパク質を誘導する

5 誤
エンテカビルは、肝細胞内でリン酸化されB型肝炎ウイルス複製中のDNAに取り込まれ、DNAポリメラーゼを阻害するとともにDNA鎖の伸長を停止させる

-第106回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.