第106回薬剤師国家試験

第106回薬剤師国家試験 問121

第106回薬剤師国家試験 問121

我が国における性感染症に関する記述のうち、正しいのはどれか。2べ。

  1. 尖圭コンジローマは、ヒトパピローマウイルスによって引き起こされる。
  2. 定点把握報告の対象となっている性感染症のうち、膣カンジダ症が最も報告数が多い。
  3. 淋菌感染症の報告数は、公衆衛生の向上により減少し、平成25年以降は感染の報告がない。
  4. B 型肝炎は、母子感染に加え、性的接触によっても起こる。
  5. 感染症法では、梅毒への対応として特定職種への就業が制限されている。
    感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、4

解説
1 正
尖圭コンジローマは、ヒトパピローマウイルス6、11型などによって引き起こされる性感染症である。
2 誤
性感染症の中で患者数が最も多いのは、性器クラミジア感染症である。
3 誤
淋菌感染症の患者数は、公衆衛生の向上により30年前に比べ激減したが、2008年(平成20年)以降ほぼ横ばいで、2019年(令和元年)の年間報告数は、8,205人である。
4 正
B型肝炎ウイルスは、主に血液・体液を介して感染する。感染経路として、母子感染、血液感染、性行為による感染がある。
5 誤
感染症法における就業制限の対象は、一類感染症及び二類感染症、三類感染症、新型インフルエンザ等感染症、新感染症、指定感染症である。梅毒は五類感染症に分類されるため、梅毒への対応として就業制限を行わない。

-第106回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.