第106回薬剤師国家試験

第106回薬剤師国家試験 問112

第106回薬剤師国家試験 問112

真核細胞における転写に関する記述のうち、誤っているのはどれか。1選べ。 

  1. 基本転写因子群と RNA ポリメラーゼが結合するDNA領域をプロモーターという。
  2. 転写調節因子は特定の DNA 配列に結合し、転写を調節する。
  3. 転写活性化因子は、ヒストンアセチル化酵素(HAT)を活性化して、クロマチンの凝縮を促進する。
  4. 転写された mRNA の 5ʼ末端にはキャップ構造が、 3ʼ末端にはポリアデニル酸がそれぞれ付加される。
  5. mRNA の成熟過程で、イントロンが除去される。

 

 

 

 

解答・解説

解答
3

解説
1 正しい
プロモーターとは、DNAにおける転写制御を担う領域である。基本転写因子群と RNA ポリメラーゼがプロモーター上に転写開始複合体を形成することで転写が開始される。

2 正しい
転写調節因子は、特定のDNA領域に結合し、RNAポリメラーゼによる転写を促進あるいは抑制する。

3 誤っている
転写活性化因子は、ヒストンアセチル化酵素(HAT)を活性化し、ヒストンをアセチル化することで、ヒストンとDNAの相互作用を低下させる。その結果、クロマチンが弛緩状態となり転写活性化が認められる。

4 正しい
RNAの成熟過程を以下に示す。

5 正しい
解説4参照

-第106回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.