第106回薬剤師国家試験

第106回薬剤師国家試験 問106

第106回薬剤師国家試験 問106

β酸化による脂肪酸の代謝反応におけるβ−ヒドロキシアシル CoA からβ−ケトアシル CoA への変換過程を以下に示す。その変換過程について想定される反応機構に関する記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。 

  1. ヒドロキシアシルCoA脱水素酵素の図中の170番のグルタミン酸残基は、158番のアミノ酸残基Xの側鎖のイミダゾリル基の塩基性を高めている。
  2. 158番のアミノ酸残基Xはヒスチジン残基である。
  3. 補酵素は FADである。
  4. 補酵素はプロトン受容体として機能している。
  5. 補酵素はピリミジン骨格をもつ。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、2

解説
1 正
170番のグルタミン酸残基は、158番のイミダゾリル基のプロトンを引き抜いていることから、158番のイミダゾリル基はよりプロトンを受け入れやすい状態となる(塩基性が高まる)。

2 正
158番のアミノ酸は構造中にイミダゾリル基を有するため、ヒスチジンである。

3 誤
補酵素アは、NAD(酸化型ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)である。

4 誤
補酵素アは、H(ヒドリド)受容体として機能している。

5 誤
補酵素アは、プリン骨格を有する。

-第106回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.